ピクシブ百科事典

アシッド・マナ

あしっどまな

「アシッド・マナ」とは、金城宗幸原作・藤村緋二作画の漫画「神さまの言うとおり」の登場人物である。
目次[非表示]

※この記事は物語の重大なネタバレを含みます!閲覧は自己責任でお願いします。





















概要

「アシッド・マナだよ!」

ワンドロの


(イラスト右)
第一部のクライマックスにて、神まろ宅に家宅捜索に入った二人が目撃した、宇宙人の格好をした少女。二人が驚いていると、『私…宇宙人じゃないもん』とふてくされ、直後、目と歯をひん剥いた表情で笑うと、アパートを二人ごと爆散させた。
後にも先にもこれ以上出番はなく、正体は謎のままだった。

第二部にて、明石たちの強敵、セイン・カミの姉であったことが判明、少し機嫌を損ねた形で、弟のカミを瞬殺し、カミとの決戦を覚悟していた明石たちの前に突如現れ、カミとかみまろのゲームを乗っ取った。

人物

容姿はワンピース姿の幼女。八の字に結われた、織姫のような髪型が特徴。見た目にたがわず非常に天真爛漫でわがまま。残虐さを見せるとき、口をめいっぱい吊り上げるように笑う。

神さまの言うとおり零

元々は、アナムという名の人間の少女であったことが判明。絶滅した人類が残した、この世のありとあらゆる知識を余すことなく記憶し、まさしく全知全能の神として、複製の地球を使って、本編のデスゲームを画策した。

余談

名前と仕草のモチーフは、子役の芦田愛菜から。

関連タグ

神さまの言うとおり 神さまの言うとおり弐 宇宙人 兄弟

pixivに投稿された作品 pixivで「アシッド・マナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16

コメント