ピクシブ百科事典

アストラ・ビアンカ

あすとらびあんか

アストラ・ビアンカとは「エンジェル・ハウリング」の登場人物である。

概要

ミズーの双子の姉。精霊アマワとの契約者。幼い頃ミズーと一緒にイムァシアで絶対殺人武器として鍛えられた。
8年前、12歳のときイムァシアの独断で神秘調査会との取り決めを無視して帝国に引き渡される。先帝カリオネル・キューブネルラの目的は精霊アマワを制御する精霊使いとしてアマワをけん制すること。しかし彼女はアマワへの質問により絶対殺人武器の正体を知ると殺人精霊となりアマワを滅ぼそうとする。この結果、先帝を含む大勢が殺され帝宮も焼け落ちることとなった。その場にいた者たちはアストラは”人間としては”死亡したと考えていた。人を殺す獣となったアストラはウルペンに保護され眠り続ける。
8年後、精霊アマワは彼女が”死んだ”と認識。アストラは契約を破棄され契約者ではなくなる。アマワは代わりにミズーに契約を相続させる。
ベスポルドフリウを殺すためにベッサリー・キューブネルラは彼女を起こす。覚醒した彼女は殺人精霊として帝都住民を一晩にして皆殺しにした。ただし絶対殺人武器の仕組み上、一人では完全な獣となることはなかった。帝宮でフリウとも出会ったときも一瞬だけ意識を取り戻している。
その後も街や村を滅ぼしながら進み、イムァシアでミズーを待ち構える。
ちなみにアマワへの質問は「私の妹はどこ」

コメント