ピクシブ百科事典

カリオネル・キューブネルラ

かりおねるきゅーぶねるら

カリオネル・キューブネルラとは「エンジェル・ハウリング」における登場人物である

概要

帝国の創設者。現在は先帝と呼ばれている。
精霊アマワと初めて出会った人物で最初の契約者。
世界で初めて精霊を戦争に利用した。精霊による圧倒的な軍事力で世界の地図を瞬く間に書き換える事に成功する。
出自はペクリンの元王族でマグスの血が入っていたとも言われている。

帝宮の大火事

8年前、彼の息子たちに契約を受け継がせようと必要な人間たちを帝宮に呼び寄せる。しかし契約の場においてアストラが暴走、大火事を引き起こす。この一件によってカリオネルは死亡した。余談だが帝妃もこの火事で死亡している。

コメント