ピクシブ百科事典

アドレット・マイア

あどれっとまいあ

アドレット・マイアとは、小説『六花の勇者』の主人公。
目次[非表示]

概要

CV:斉藤壮馬沢城みゆき(幼少期)

本作の主人公で、ストーリー上における探偵役を務める。
自ら「地上最強の男」を名乗る18歳の少年。向こう見ずで自信家な性格。
剣術と大量の自作の秘密道具を組み合わせた戦技と、類まれなる頭脳と機転でどんな窮地もかいくぐる策士。だが本来戦闘の才能は至って平凡で、まともな戦いでは他の六花の勇者に大きく劣り、本人もそのことを自覚している。
不意打ちや飛び道具などを使って戦うその邪道な戦い方から、ルールのあるピエナ神前武闘会では勝てないと判断し、六花の勇者に選ばれる為に武闘会に乱入して、投獄された。この経緯から「卑劣戦士」と呼ばれるようになる。
幼少の頃、村が凶魔に襲われ、友と姉を失い、師匠であるアトロ・スパイカーに弟子入りし、他の兄弟弟子たちが全員逃げ出した程の過酷な修行をただ一人やり遂げた。


結界の神殿に一番先に到着したことで7人目と疑われ、他の六花の勇者に命を狙われるようになるが、持ち前の頭脳で様々な駆け引きを展開、フレミーとハンスに自身は7人目ではないと認めさせることに成功、それでも命の危険に瀕することもあったが六花の勇者全員の前で結界のトリックを暴き、真犯人を暴き、自身は7人目ではないと完全に証明して見せた。

関連タグ

六花の勇者




以下ネタバレ注意


アニメ以降の原作展開が書かれています





























実はテグネウが送り込んだ偽の六花の勇者でもう一人の7人目
テグネウから自分の計画を遂行するにふさわしい人間と認められ、六花の勇者を目指して修行するよう、村を滅ぼされ凶魔を憎むように仕向けられた。

紋章は一輪の聖者が六花の勇者のものとは別の目的で造ったもので、それを一輪の聖者から奪ったテグネウがアドレッドに与えた。ドズー派の偽勇者のものと違い六花の勇者が死亡すると花弁が欠ける機能もある。

役割はテグネウの切り札フレミーの護衛。
テグネウの能力でフレミーを愛するように洗脳されていて、フレミーに危機が迫ると仲間や世界を犠牲にしてでも助けようとする。

現在の性格もテグネウの洗脳の影響を受けていて、本来は村を滅ぼされた復讐以外のことしか考えられず、自分を心配する人間すら復讐の邪魔者と殺そうとする。

関連記事

親記事

六花の勇者 ろっかのゆうしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アドレット・マイア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 262187

コメント