ピクシブ百科事典

アマラ・シガタール・クライン

あまらしがたーるくらいん

アマラ・シガタール・クラインとは「逆転裁判6」の登場人物である。

概要 


逆転裁判6」の舞台であるクライン王国における先代の女王。
現女王女王ガラン・シガタール・クラインの姉にあたる。
23年前に暗殺された。宮殿ごと放火によって焼き殺されてしまったらしい。
犯人として逮捕されたのは夫でもあった弁護士であるが、公判中に証拠を捏造した上で脱走した。
彼女の悲劇的な死と犯人である弁護士の悪辣な捏造こそが、クライン王国で「弁護罪」が制定されるきっかけとなった。

関連タグ

逆転裁判6











以下に物語に関わる重大なネタバレがあります。























暗殺犯とされた弁護士は、「反逆の龍」のリーダーでもあるドゥルク・サードマディ
ドゥルクによれば、そもそも冤罪であったらしい。事件の真犯人は謎である。
また、ナユタ・サードマディ検事はドゥルクとアマラの子であり、実は王族出身である。
ドゥルクのカリスマに女王であったアマラも惹かれ、ついに結婚したとのこと。


















以下に物語ラストに関わる重大なネタバレがあります。























レイファ・パドマ・クラインの母でもある。つまり23年前に暗殺されたのではなく生存していた。
23年前の事件の後、暗殺犯ドゥルクから身を守る為とのことでガランに保護されて宮殿内で隠れ住む。
実質は霊力を持たないガランの替え玉として、霊媒を行う役目として利用されていたのだが、妹への愛に負けて従っていた。

しかし15年前にドゥルクに手引きされていったん宮殿を逃れ、23年前の事件でドゥルクが無実であったことを知る。
この時期にレイファが生まれている。しかしレイファはガランに奪われて人質とされ、
レイファを守る為に再びガランに従うことになってしまった。
普段はレイファの傍に常に影のように従っている老侍女(バアヤ)に変装している。
こらそこ、どうみても骨格が違うとか言うな!不敬罪で収監するぞ!

大臣暗殺事件の裁判を通じてその生存が公表され、その後は女王となったレイファを、
母として支え、また霊媒がまだできないレイファに代わって霊媒を行う大巫女として活躍している。

pixivに投稿された作品 pixivで「アマラ・シガタール・クライン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2959

コメント