ピクシブ百科事典

アラン・トンプソン

あらんとんぷそん

「タンタンの冒険」に出てくる悪役キャラクターである。アラン、アランさんとも呼ばれる。(初登場:ファラオの葉巻)
目次[非表示]

声優:仲野裕-(2011映画)

経歴

麻薬密輸の計画に関わり紅海にて麻薬の取引を行うが、警察の発見を恐れ、麻薬と間違えてタンタンらの入った棺桶を捨ててしまう。(ファラオの葉巻)
貨物船カラブジャン号では一等航海士として登場し、船長のハドックをアル中にして動けなくさせ、かわりに船の天下をとり麻薬密輸をしていた。記者であるタンタンに麻薬密輸を嗅ぎ付けられたと勘違いし事故と偽って消そうとしたり船に監禁していたが、逃げられ失敗に終わる。最終的にはタンタンに捕まり警察に逮捕された。(金のはさみのかに)しかしそれ以降もラスタポプロスとともに悪事を働く。

性格

ラスタポプロスの腹心の部下であり、犯罪に手を染めている為か敵には冷酷。銃撃戦を繰り広げたりと、タンタンを幾度も消そうとしている。皮肉屋で、タンタン達をからかってよく楽しんでいる。
「金のはさみのかに」では部下が役に立たない度に殴って制裁を与えていた。
しかしドジな一面があり、失敗してラスタポプロスを怒らせ、彼に頭が上がらなくなることもあった。なんとかして機嫌を直そうとしたが空回りし、さらに不機嫌にさせるなど、意外にも茶目っ気がある。

人間関係

ラスタポプロスボスと呼ぶほど従順で、右腕のような存在である。
ハドックには因縁があり、酒好きであることを知っているためわざと酒瓶を見せつけ飲ませようとしたり、「老いぼれクジラ」と呼んでからかっていた。


関連イラスト



別名・表記ゆれ

アラン allan


関連タグ

タンタンの冒険 ハドック

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 イラスト 小説 作品名 イベント ゲーム セリフ

コメント