ピクシブ百科事典

ビーカー教授

びーかーきょうじゅ

「タンタンの冒険」に出てくるキャラクターである。(初登場:「レッドラッカムの宝」) ビーカー、教授とも呼ばれる。本名はビルフリート・ビーカー。
目次[非表示]

声優:辻村真人

経歴

タンタン達が"レッドラッカムの宝"を探しにいくことを新聞の記事で知り、早速タンタンを訪問し発明品である潜水艦「サメマリン号」を見せると、ぜひ宝探しに使って欲しいと提案した。タンタン達は話が噛み合ないままに話を進めていくビーカー教授を鬱陶しがり、宝探しには呼ばないつもりだったのだが、サメマリン号と共にこっそり船に乗ってきていた。しかし、やがて海に潜る必要性が出てきたため結局皆サメマリン号のお世話になった。(レッドラッカムの宝)

性格

サメマリン号を始め、原子力ロケットなど数多くの偉大な発明品を生み出した天才科学者。そのため発明品目当てに誘拐されてしまうこともある。自分の発明品が悪用されそうになったり、横取りされそうになった時は自らの手で破壊しそれを阻止している。
耳が遠いが、本人は自覚していない。そのため話が噛み合なかったり、自分の都合のいいように解釈していたりと、初対面の人には悪ふざけをしているように見えてしまったりもする。それでも子供のような素直な心と研究に対する一途さがどこか憎めない人柄を作り出している。誘拐され生け贄に捧げられそうになっているにもかかわらずそれを映画の撮影だと思い込んでいたり、怒られているのに平然としていたりと、耳が遠いせいもあってか少し間が抜けていることも。
温厚な性格で物腰も柔らかく感情の起伏はあまりないように見えるが、努力の結晶である発明品を横取りされそうになると必死に悔しがったり、バカにされたり無礼な態度を取られると怒らせた本人を圧倒してしまう程凄まじい剣幕で怒る。そのため「バカ」は彼の前では禁句である。見かけによらずパワフルで、学生の頃はスポーツをしていたり、運転免許をとっていないのに(それをほのめかす発言がある)乱暴ながらも運転ができる。


人間関係

月ロケットと地球をつなぐ無線や、月に人類初として降り立った感想を言ってもらうのを最年少のタンタンに託すなど、タンタンの人柄や力量を信頼している。
一度記憶喪失に陥ったところを救ってくれたハドックには特別思い入れが強い。(しかし記憶喪失にしてしまったのは間接的にはハドック船長である。)ハドックにはよく抱きついて歓迎している。
オペラ歌手のカスタフィオーレ夫人を好いているらしく、彼女の為に新種の白いバラ「ビアンカ」を発明し贈った。その際のお礼のキッスに酔っている描写があった。
デュポンデュボンのドジさに飽きれているものの、親切に接している。


耳が遠く少し間抜けで、天才的な頭脳を持つというギャップがいい味を出しているキャラクターだ。


関連イラスト

ビーカー教授



別名・表記ゆれ

ビーカー ビルフリート・ビーカー ビーカー教授 教授

関連タグ

タンタンの冒険 タンタン ハドック

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名 イラスト 小説 作品名 イベント ゲーム セリフ

pixivに投稿された作品 pixivで「ビーカー教授」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1386

コメント