ピクシブ百科事典

アルカイド・ナアシュ

あるかいどなあしゅ

アルカイド・ナアシュとは、スーパーロボット大戦シリーズの登場人物である。
目次[非表示]

CV:茶風林

概要

修羅界の頂点に立つ修羅王
修羅界が崩壊したことをきっかけに地球を新たな修羅界にするため、侵攻を開始した。
機神拳の源流である覇皇拳という拳法を駆使する。
戦闘民族である修羅の頂点に立つだけあって覇気と戦闘力が凄まじく高く、全ての修羅を統べるだけのカリスマ性も備えており、ミザル・トゥバルが反旗を翻して修羅王の座に就こうとしていることを知っておきながらあえて処罰せずに生かしておくなど、大きな器も持っている。

修羅王として修羅界を支配している一方で、自分を倒して修羅王の座に就く修羅が来るのを心待ちにしている。また、2000年も続いている修羅の生き方に迷いがなく、その掟にしたがって戦うことに誇りを持っている。

自ら天級修羅神エクスティムで出撃し、別の生き方を見つけたフォルカ・アルバークらと対峙し、強さを調べるために力を温存して軽くあしらう程度で戦っていたが、フォルカ達の強さを認めたアルカイドは覇気を解放し、ラハ・エクスティムへと進化させ、修羅の命運をかけた最後の戦いに身を投じる。
激闘の末、フォルカ達に敗れたアルカイドはフォルカを修羅王に任命し、修羅の未来を託して死亡する。

OG外伝では、ソーディアンに乗って地球圏にやってきた。
そして、修羅界に存在した「羅国」という国の国王であることが判明した。

名前の由来は、北斗七星の星の一つである「ベネトナシュ」およびその別名の「アルカイド」から。

搭乗機体

エクスティム
ラハ・エクスティム

関連タグ

スーパーロボット大戦 スーパーロボット大戦COMPACT3 スーパーロボット大戦OG外伝
修羅 修羅王
フォルカ・アルバーク フェルナンド・アルドゥク アリオン・ルカダ
アルティス・タール メイシス・マルク
ミザル・トゥバル アルコ・カトワール マグナス・アルド
ソーディアン

pixivに投稿された作品 pixivで「アルカイド・ナアシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 796

コメント