ピクシブ百科事典

アルモニ・エイゼルシュタイン

あるもにえいぜるしゅたいん

アルモニ・エイゼルシュタインとは、鋼の錬金術師 翔べない天使の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:水樹奈々

 PS2専用アクションRPG鋼の錬金術師 翔べない天使』のオリジナルキャラ。一応ヒロイン
 赤毛赤目の可愛らしく明朗快活な少女だが、少々生意気な一面がある。
 父親は「十賢」に数えられる錬金術師ヴィルヘルム・エイゼルシュタイン。わずかながらアルモニも錬金術が使えるが、からは使用を控えるように言われている。

姉のセレネは妹と性格が対照的で、一度エド達と面識があったが、過去の事故で亡くなっており、教会墓地に墓がある。

 pixivではアルモニのタグで検索した方が速い。

関連項目

ラース(鋼の錬金術師)ランファン:同じく水樹奈々の演じた鋼キャラ

ネタバレ




ストーリーの重大なネタバレ注意





実は彼女の出生には重く悲しい秘密があり、もともとセレネは一人娘であり、妹はいなかった。
昔、エド達がエイゼルシュタイン家を後にする直前、父はセレネと共に賢者の触媒の実験を行なっていたが、実験の失敗と賢者の触媒の暴走よるリバウンドがセレネに襲いかかり、彼女の肉体は崩壊し始めてしまう。
父は慌てて賢者の触媒の力をもう一度使用してセレネを助けようとしたが、暴走は止まらず、気がつくと羽根の生えた女の子が眠っていた。その女の子こそアルモニであり、厳密に言えば彼女はセレネの妹ではなく、セレネの生まれ変わりまたはセレネが変化した姿と言える。

背中にある羽根が賢者の触媒であり、彼女の身体は普通の人間と異なり言わばその賢者の触媒の力で生きているキメラに近い身体であり、日常生活を送るだけでも羽根の力は消費されてしまい、錬金術のように大きな力を使う行為は寿命をさらに縮めてしまうので、父が錬金術の使用を禁じていたのは紛れもなくアルモニの為だったのである。
父は最初元のセレネに戻そうとしていたが、次第にアルモニに対し(もう1人の娘)として一個人の愛着が湧くようになり、彼女を普通の人間の身体にすべく研究をするが、それを敵につけ込まれて過ちを犯してしまう…。

関連記事

親記事

翔べない天使 とべないてんし

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アルモニ・エイゼルシュタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3751

コメント