ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「あんたは、ほんとの男だ。あんたこそ、ほんとの冒険者だ。だから、あんたと一緒にいれば、あたいも変われるんじゃないかって、そう思って」
「殺されればレカンのところに行ける」
「あなたが幸運に恵まれることが、あたいの幸せだから」

概要

本作のヒロイン。年齢は14→16歳。
銀級冒険者の父と母を相次いで亡くした後、村を出奔する。金銭を稼ぐべく冒険者を騙り、護衛の勧誘を受けてレカンと出会った。
レカンに希望を見出し、ヴァーナの町で彼の行方を捜しつつ年齢を偽り冒険者登録をする。
レカンに魔力持ちである事を教えられ、紆余曲折を経て弟子入りする。
シーラと縁を結ぶ機会にも恵まれ、瞬く間に才能が開花し〈千本撃ちのエダ〉の称号を得る。
更に回復魔法の才能に目覚め、〈薬聖の癒し手〉から〈北方の聖女〉と名を広めていく。

レカンの守護の象徴にして最愛の存在。

人物と能力

人物

純真で優柔不断な性格。一人称は「あたい」。
当初は空回りして後先考えず、良かれと思った行動により度々騒動を起こす。
しかしレカンに正式な弟子として受け入れられてからは心にゆとりが生まれ、冒険者として逞しく成長していく。
序盤は乱暴な口調で「〜っす」を語尾につけていたが、それは冒険者らしく強がっていたに過ぎず、本来の話し方は一般的な少女そのもの。
家庭的で料理上手。ラインザッツ家に通うようになると淑女の作法を身に着けるようになる。
レカンとはあらゆる面で対照的であり、魔法は感情で会得するタイプ。
出自は下層の平民。訳アリで村で暮らしていた銀級冒険者の父と魔法使いの母がいた。
村ではみそっかすと馬鹿にされていたが、それは機会に恵まれなかっただけで地の頭は決して悪くはなく、むしろ冒険者として非常に有能。

能力

メインウェポンは弓。サブウェポンは短剣と杖。
射撃、補助をこなす後援型。天才的な回復魔法の才能を持ち、低級〈浄化〉が扱える。
他にも探索、精神系など補助魔法に優れている。魔力量も豊富で、遠距離型の繊細な魔法操作も可能。光熱攻撃系と空間系魔法には適正がない。レカンが仰天する程の凄まじい潜在能力を持つ。
冒険者の階級も一年内に金級に昇格している。迷宮では調理を担当し、重宝されている。

容姿

赤髪赤眼と明記されているが、コミック版や原作挿絵では赤毛碧眼となっている。
小柄かつ細身。レカンとの身長差は頭二つ分以上離れている。
可愛らしい容貌の持ち主で短髪なので少年のような容姿であったが成長後は仕草も含めて女性らしくなっている。
服装は父の形見防具をアレンジしたもの身に着け、迷宮に応じて装備等変えている。

装備

武器イシアの弓・イェルビッツの弓・杖・短剣
防具茶色の網鎧・小火竜の鎧・女王蜘蛛の鎧
装飾品インテュアドロの首飾り・ジップの腕輪・イルレントの護符・ギエナの髪留め

恋愛

レカン

両親が相次いで亡くなり、14歳で天涯孤独となったエダは村長の息子に乱暴されかけ、村から出奔する。
何も知らなかったエダはレカンという強大な力を持つ冒険者に出会い、縋る道を選んだ。己の直感を信じて、結果的に魔法を教わり発動させる。
エダは厳しくも優しいレカンに惹かれていき、彼が瀕死の状態に陥ると〈浄化〉を覚醒。冒険者として力を得たものの幾度も失態を繰り返してしまうが、レカンは怒らなかった。
むしろ彼女の境遇と思いやりを理解した上で、守り、導く事を約束してくれた。エダはレカンという師ができ、ようやく元の自分らしく生きられるようになる。
エダは次第に一人の男性として意識し、恋心を抱くようになる。そして彼の身を案じ、両親の形見である〈幸せの虹の石〉を渡した。
シーラの勧めで二人で借家を借りたときは生活力のないレカンに代わって家事を率先とこなし、二人暮らしを楽しんだ。

レカンもまたエダの思慕を心地よく思い、弟子として大切に接した。
レカンとの弟子期間を終えると、エダは彼の旅に同行したかったが自立心から断る。そしてレカンが連れて行きたい女になると宣言し、告白して別れた。

半年後にレカンと再会したとき、ノーマの婚約問題が生じてしまい彼に頼んで承諾させる。(レカンが貴族になれば妻を複数持てる為)
そして今度はノーマの勧めを受けたレカンが守護を目的にエダに婚約を申し込む。
レカンからの婚約に喜んだエダは花嫁修業としてラインザッツ家に通い、貴族の礼儀作法や料理を学んで着々と女子力を挙げるようになった。












当のレカンはというと、月日を経てエダの成長に驚きと寂しさ、そして喜びに心を強く動かされ、子供でなく一人の女性として意識するようになる。

レカンの優しい微笑みが向けられるのはエダだけ。
レカンを想う女性達が羨む眼差しを、エダには当たり前のように注がれる。

というか、レカンは弟子時代からエダは俺ものと思っている節があり

自分からエダを奪う敵=殺害対象である。

しかもエダはレカンへの恋情は崇拝に近い感情も含まれており、彼が殺されれば復讐して後追いすると宣言している。お互いに色々な意味で相思相愛の二人である。

ネタバレ

実は父のエディダルはレカンと同じ世界から落ちた〈落ち人〉である。
そして母ダーナは権力争いで没落した貴族の娘。双方魔力持ち。

エディダルはシャントラー神殿の一派から悪魔として目をつけられてしまい、妻子を守るべく村で世間から身を隠すように暮らしていた。
なぜ、神殿から命を狙われていたのか不明。エダは両親の秘密を察していたが、二人は娘に何も話さず亡くなってしまう。
故に、エダはレカンに教えられるまで魔力持ちである事を知らずに生きていた。

エダの恐ろしく高い潜在能力も〈落ち人〉の血が起因しているのかもしれない。

関連タグ

狼は眠らない 聖女 ヒロイン




大魔導師エルシーラに優遇されている

彼女は様々な事情で弟子を取らず、現に複数ある名前の内の一つであるシーラで正式に認められた弟子はレカンのみ
彼は調薬技術と試験に合格した上で正式な弟子として迎えられたが、エダはレカンとは異なり初対面で好意的な感情を向けられ魔法を教わる事ができた。

そしてエダはレカンの弟子となる。しかし元々彼に魔法を教示するよう勧めたのはシーラ本人。
そもそもシーラが命じなければ頑ななレカンはエダを受け入れる事はなかった。

つまりは二人を意図的に密接させたのである。

他にも同居させて茶化したり、回復の才能が発覚したエダを案じてレカンに強く警告するなど、まるで二人を離れさせないようにしていた。

作者によるとシーラの想いが隠されているらしい。

関連記事

親記事

狼は眠らない おおかみはねむらない

兄弟記事

コメント