ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エルル(慎重勇者)

えるる

『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』に登場する勇者の荷物持ちその2。エルル「ひどい!」

CV:古賀葵


概要編集

異世界ゲアブランデにて幼馴染のマッシュと共に竜宮院聖哉のパーティーメンバーになるべく故郷ナカシ村からセイルムの街にきた魔法使いの少女。

マッシュと同じく見た目は人間と変わらないが竜族。マッシュ同様、16年前に竜の里から「魔王を倒す最強の武器を得られるために」とに預けられた。

マッシュとは仲間以上恋人未満の関係。

聖哉の事は「聖哉君」、リスタルテは「リスたん」と呼んでいる。(いいのか?リスタがいいならいいんだけど)

なお聖哉からは「ちんちくりん」扱いされている。


当初は聖哉からまったく期待されていなかったが、聖哉がマッシュを魔王軍四天王デスマグラから救った後はマッシュと共に荷物持ちその2として聖哉のパーティーに加わった。


統一神界にてマッシュと共に修行に訪れるも、魔法の修業を担当した火の女神ヘスティカからは(本人には告げていないものの)才能がないと断言されているように実は魔法使いとしての資質は低い

そんな彼女がなぜ勇者のパーティーに選ばれたのかというと…





実は魔王を倒すための聖剣イグザシオンを作るための生贄とするために竜族の里の長リヴァイエによって人間の世界で育つよう仕向けられていたのである。エルルの両親はこれを拒否しようとしたため親族共々殺されたという。(おそらくマッシュの両親も)

里の者もこれに同調、犠牲で世界を救うことに反対するリスタとマッシュはそれを見越したリヴァイエに前もって毒を盛られて動けなくなり、彼女も生贄になることを強制される状況に追い込まれる中…

(あくまで荷物持ち呼ばわりではあるが)仲間を犠牲に世界を救うことを良しとしない聖哉によってリヴァイエが破れた上に聖剣の生贄になり(聖哉曰く「世界を救うために命を使えて本望だろう。」「長、お前が生贄になれよ」と思った人もいただろうに至極ごもっとも)、彼女も重荷から解放されるようになった。ただしリヴァイエを生贄に出来た剣はイグザシオンには程遠い物だったが、聖哉は「ガナビー・オーケー。(なんとかなる)」とリスタに述べた。


その後再び統一神界に訪れた際に自分が必死になって覚えた魔法を聖哉があっさり覚えた上に発展技にしたことでやる気をなくしていたが、女神アリアドアにステータス成長を見込まれ(アリアの見立てでは生来の物ではなく、聖哉たちの力になりたいという気持ちがステータスに反映されたという)、新たな力として遅延魔法「ディレス」と迅速魔法「ヘイスト」を得ることになる。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 375895

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました