ピクシブ百科事典

リスタルテ

りすたるて

「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」のヒロインである残念女神様。
目次[非表示]

CV:豊崎愛生

「概要?概要って~」

通称「リスタ
およそ100年くらい前に統一神界に誕生した治癒の女神
これまでに5回地上から勇者を召喚しては困窮する世界を救ってきたが、ベテランの神々でも尻込みするという「難易度Sランク」の世界ゲアブランデの救済を抽選みたいな形で担当する羽目になり、日本からステータスがものすごく高い竜宮院聖哉を召喚するが…

聖哉の「ありえないくらい慎重」という項目に目を通さずに選んだため、実際に異常なまでの慎重ぶりに加えて自分を含めた他者に対してもケンカ売っているのかと言わんばかりに疑り深い性格に辟易しており、先輩女神アリアドアに相談することもしばしば。
ただし聖哉の慎重ぶりが的を得ていることもかなりあり、一方で本人は自分達神の事情を押し付けている(神はその世界で力を行使してはいけないので異世界召喚で問題を解決するのがルール、ステータスだけ判断していきなり戦えと言い出す他)点もあるので、一概に聖哉だけに問題があると言い切れない。

聖哉に振り回されてはいるが、幾度となく(神と人間の恋は禁止されているというルールがあるにもかかわらず)聖哉との関係を夢想していることも。
上記のアリアドアに留まらず先輩の神々への敬意を持ち合わせているが、聖哉との特訓で臆病者と化したが自分より明らかに格下の相手との特訓と聞いた途端に態度を変えたセルセウスに対し幻滅してからは名前を呼び捨てにしタメ口で接している(その行為に対しセルセウスも特に咎める様子は無い)。

りすた
アクアとリスタルテ


この素晴らしい世界に祝福を!』のアクアと駄女神繋がりで比較されることも
別に女神としての力の行使を禁じられていないがステータスが初めからカンストしている上にやたらトラブルを巻き起こすアクアと、ツッコミは冴え、面倒見もいいが女神としての力をルール上あまり使えず、煩悩(色欲)まみれのリスタとどちらが良いのか…。どちらも自分達の理屈を押し付けている点はあまり変わらないかもしれないが…。(フォローしておくとリスタルテは自分から回りを巻き込んだトラブルを起こすことは少なく聖哉の方が圧倒的に多く、彼女よりも問題児なも存在し作中では比較的常識人ではある。)その後、ニアミスであるが共演を果たした(後述)。

アニメでは非常に表情豊かで毎回毎回凄まじい顔芸を披露しており(生乳まで披露しモザイク処理された回も)、加えて中の人による熱演が好評で、中の人ネタ平沢唯がやさぐれたような喋り方もする。

「私の偉大な能力を見よ!」

戦闘スタイルは回復魔法を中心としたヒーラー。
新米女神である上人間界ではあまり力が出ないため最低限の出力しか使えず回復アイテムの上やくそうに対抗意識を燃やすも回復速度で負けて悔しがった事もある。(腕の結合とかは彼女の方に分が有るのを描写されているので回復力の大きさは上のようである。)
飛翔能力は60~80キロの速度で飛ぶことができるが、聖哉に負けてしまう。
あまり必要になることがないため戦況の解説役や最低限のサポートに回ることが多いが狂言回しぶりが最も印象に残りやすい。
彼女の髪の毛は聖哉によって合成すると強い武器ができる。リスタに生えてある毛ならば何でも合成素材にできるため縮れた毛でも強い武器ができる。
詳細はネット原作版を参照、アニメ版ではそれを匂わせるような描写が書かれている。
自らの毛で作ったリスタルテ人形はアニメ版では流石に髪の毛のみだった・・・
ウェーブのかかった毛gリスタルテ「はいダメーコンプラ的にダメーみんな聞いちゃうからダメー」

「待てコラァァァ、女神を置いて関連項目を語るなァァァ!」

ヒドイン 顔芸 駄女神

異世界かるてっと:第2期である『異世界かるてっと2』でサプライズ出演。上記で比較対照されているアクアとも予想外の共演を果たす。中の人は同作品ではゆんゆんも担当している。













「ネタバレだから見ちゃダメ、ダメよダメダメ~♪」



ペナルティで後に飛ばされる難易度SS級(元の難度は『B』)の世界「イクスフォリア」、
実はこの世界、以前リスタ達が救済し損ねてしまった世界で、リスタルテは女神として誕生する以前はこの世界の人間で、イクスフォリア大国ターマインの王女「ティアナ」。

女神アリアドアが召喚した勇者「竜宮院聖哉」と(前世)の彼女とは恋人同士で、勇者パーティーの一員として一緒に魔王討伐の旅に出ていた。そしてこの時の聖哉は慎重とは無縁の、無謀でとにかく前に進んでいくタイプだった。

しかし最後の魔王との戦いの時に、一度倒したと思われた魔王に仲間の一人とアリアドアが吸収され復活、聖哉の子どもを懐妊していたがその子共々魔王に生贄にされてしまった。

その後、アリアドアの強い願いと生前の数多くの善行により転生することができたが、本人はこの事を転生した時に過去の記憶を失っているため知らず、同様に今回召喚された聖哉もこの時のことは覚えていない。

ただ、聖哉は最初に「プロパティ」と言った時表示された内容を見た瞬間に、自分が過去に同じように勇者として召喚され失敗したことを知り、それがこのありえないくらい「慎重になっている理由」なのである。

余談

名前の由来はウガリット神話に登場する女神アスタルテにリスタートを掛けた物と思われる。
さらに中の人は、別のアニメでも女神を演じている(ただし最初は女神の補佐)。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リスタルテ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3363122

コメント