ピクシブ百科事典

オットー・リリエンタール

おっとーりりえんたーる

ユダヤ系ドイツ人の発明家。ハンググライダーでの飛行実験で知られ、ライト兄弟などに多大な影響を与えた。

Otto Lilienthal(1848年5月23日~1896年8月10日)
ユダヤドイツ人エンジニアで航空史の先駆者の1人。
ジョージ・ケイリー発明のハンググライダーに独自に考案した操縦装置を追加し、2,000回以上の飛行実験を行った。
1896年8月9日、飛行中に失速し15mの高さから墜落して頸椎を骨折。翌日、死亡した。死の直前には動力機の開発に取りかかっていた。
その功績やデータはライト兄弟を始めとする他の研究者に大きな影響を与えた。

最初に取得した特許は採掘機に関するもので、煙管ボイラー用の小型蒸気機関の特許で得た資金を飛行実験につぎ込んでいた。

関連タグ

飛行 発明家 ハンググライダー グライダー ライト兄弟
勇気一つを友にして(「みんなのうた」のアニメーション中に彼のグライダーらしきものが登場)

pixivに投稿された作品 pixivで「オットー・リリエンタール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 915

コメント