ピクシブ百科事典

サミュエル・モールス

さみゅえるもーるす

サミュエル・モールスとは、画家、発明家。
目次[非表示]

概要

サミュエル・モールスとは、画家発明家

モールス信号の生みの親として知られる。
その影響が強いからか発明家と思われているが、元々は画家として名をなしている。

1825年にワシントンD.c.で肖像画を描いていたところ、に乗ったメッセンジャーから危篤のメッセージを受け取るものの、帰宅したさいには既に埋葬まで済まされた状態だった。
それを酷く悲しみ、長距離での通信手段の研究をはじめることとなった。

その頃同時に長距離での通信の発明を試みている人間も出始めていたが、連邦政府の支援もあり1847年には電信の特許を取得し、1858年頃から電信の普及が行われることとなった。

関連タグ

モールス信号 画家
タイムトラベル少女~マリ・ワカと8人の科学者たち~

外部リンク

サミュエル・モールス - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「サミュエル・モールス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 172

コメント