ピクシブ百科事典

オリーヴ・オペール

おりーゔおぺーる

オリーヴ・オペールとは「スーパーロボット大戦X-Ω(クロスオメガ)」に登場するオリジナルキャラクターである。
目次[非表示]

スーパーロボット大戦X-Ωの世界へようこそ!

出撃、お願いします!

概要

 イヌイやシャッテと同じく火星調査団「アルファオメガ」の一員でオペレーターを務める少女。新人で失敗も多いが、明るく努力家の性格から調査団員に可愛がられている。

 …だが、二人がヴァンアインの能力で地球へと転移した事で、無くなく地球へ帰還。新たな火星調査団「ソリス」のメンバーとして無人島の施設で訓練を受けている。一方で彼らが生きている事を知らされていない。

 ゲーム中では、チュートリアルやログインボーナス画面、ローディング画面で何度も顔を見る事になるキャラである。

 大型アップデートの際、ヴァンアインに続く新規のオリジナルロボ「ハインヘルム」に乗っての参戦、担当声優三上枝織が務める事が発表された。
一周年記念に於いて上述のログインボーナス画面で声を発する様になる。

 そして、7月にイベント『オリーヴと三人の仲間たち』でメインの主役として登場。調査団用量産型ロボのテストパイロットとして厨二病のベルタ・ベルンシュタイン、古風だが攻撃厨でメシマズアマノミヤ・アヤメ、電波系天然イタリア娘カタリーナ・カンパーニらと忘れ去られた無人島基地で出会い、島で起こった不可解な事件に遭遇する事となる。料理の腕はクスハとは異なり大丈夫である(寧ろ上述の同僚が製作したオムライスを食して二度も三途の川の花畑へ逝っている)。女子力は寧ろ高いと評されている。

 オペレーターという役職柄誰にでも人当たりよく接するがそれ故にストレスを溜め込むタイプでもあり、とあるイベントではベルタの無茶振りに耐えかねて尊大かつ攻撃的な「冥王」と名乗る別人格が出現した。この時の一人称は「妾」である。

 通常より厳しい訓練を終えた後に自主練を行い、ランニングをしに行く等、オーバーワーク(エーメル曰く「ちょっとってレベルじゃない」)と言われる程の量の努力をしているが、それは自身の実力不足と不器用さを自覚している故のものであり、その努力の甲斐もあって自分よりも実力が上のカタリーナとエーメルの勝負に割って入り、勝利している。

 火星遺跡襲撃事件の数少ない生き残りであり、その時の体験(グーニラ曰く「本物の地獄を見た」、「仲間たちが次々とやられていく中で、なにもできずに帰還するしかなかった。そんな彼女の想いは、推し量ることもできない」)から心の中には「誰かを守りたい」という決意と覚悟を秘めており、時として自身を顧みない行動に出る場面もみられる。

 大人しい系で可愛い系の女性のハズだが、後述する通り何故か女性にモテる。

 シャッテと同じくビキニ姿の全身イラストが用意されている。こちらはスカート付きの可愛らしい水色のビキニであるが、スカートの中がTバックになっており、プロポーションを強調したシャッテとは別の意味でセクシーな格好に仕上がっている。
10月中旬のアップデートでSRRユニットでのパイロットカットでは所謂乳揺れ使用に変更されている。

パイロットステータス設定の傾向として、彼女の搭乗機は味方へのバフや回復を持っており、自身を含めた自軍サポートに特化している。

人間関係

オリーヴの同僚となる女性パイロットの1人。彼女から本気の恋愛感情を寄せられており、事ある毎に猛アタックを受けている。普段は彼女の猛アタックに振り回される事が多いが、本気で怒って見せることで、普段は誰にも従わないカタリーナの手綱を握る一面も。どれだけ過激なアタックを受けてもオリーヴはカタリーナの事を「素敵な人」だと思っており、夢の中や演技(オリーヴの声を収録するために芝居に乗せただけ)だったとはいえカタリーナと両想いになった時には割とノリノリだったり自分を立ち直らせてくれたカタリーナに(仲間として)「私も愛しています」と言った為、オリーヴ自身がその気になれば満更でもない可能性が所々に見られ、オリーヴが一番信用している人物でもある。

オリーヴの同僚となる女性パイロット達。後述するカタリーナも含めて彼女達の言動に日々ツッコミながらオリーヴが纏めていく形になっている。オリーヴの立ち位置はこの3人の姉もしくは母親みたいな感じである(カタリーナはオリーヴと恋人になることを望んでいるが)。ベルタとは意外と趣味が合う様で年頃の女子トークをすることも多い。アヤメとはお互い真面目同士だがアヤメの方がポンコツのためオリーヴはそのフォロー役に回ることが多い。また、アイドルのコンビを決める為とはいえ、1度だけベルタとアヤメに本気で取り合われた事がある。
ソリスのエリートメンバー。彼女からも好意を寄せられるようになる。現状ソリスでオリーヴがタメ口で話している唯一の存在。カタリーナとは違って先輩として慕っているだけかと思われたが、慰めるためにオリーヴがアヤメと抱擁を交わした時には「ボクのオリーヴ先輩」やアヤメに対して「粉々にされたいんですか?」等と脅しに近い事を言っているため、カタリーナに負けず劣らずの強い想い…と言うよりも恋愛感情を抱いているのは確定である。事実、オリーヴが一度カタリーナに(仲間として)「私も愛しています」と言った際は凄い荒んでいる。
オリーヴと同じ元アルファオメガのメンバーでオリーヴの「本物の地獄」の体験を知る人物。オリーヴの事を「優しすぎる」と評している。彼女の「普通ならその件がきっかけで、心が挫けてしまってもおかしくはないが彼女は火星で仲間が生きているかもしれないという望みを掛けて、再び火星に行こうとしている」という覚悟を見込み「我が娘のパイロットに相応しい人材」と言われている。また、カタリーナに脅されてはいたもののオリーヴの声を収録するのにはノリノリだったのだが、「縁起の練習をしてた」と疑わないオリーヴに対して普段はマッドサイエンティストな部分がある彼女も流石にかなりの罪悪感を持ってしまっていた。

その他

 ある意味プレイヤーに最も近い位置にいるキャラクターのためか、単独の登場ユニット数や台詞の数が多かったり、Ver.3.0の大型アップデート以降、ランチャー画面には基本的には彼女が登場し(12月24、25日の2日間はサンタ衣装)、2周年記念サイトのオリジナルキャラの紹介に真っ先に紹介され、更に主人公のアサヒよりも先にボイス実装が決定される、ヒロインのシャッテよりも先にキャラクターグッズが販売されたりするなど、実質的な裏主人公と呼ばれてもおかしくはない程の優遇措置を受けている。そして、本筋のシナリオの裏側ではオリーヴがメインである。
 この扱いの良さから、ユーザーには「主人公はオリーヴでしょ?」「アサヒよりもずっと主人公っぽい」などと普通にもネタでも言われている。
 また、公式のインタビューでも「ソリスのメンバーは平等に扱うつもりだがオリーヴだけは初期から出ているため特別視をしている」と語られている。そのインタビューについては外部リンクを参照。

関連イラスト

センシティブな作品



外部リンク

バンナム、『スーパーロボット大戦X-Ω』のアップデート情報を公開…『OGMD』からグランティードが参戦、オリーヴ・オペールもパイロットに
1月17日のオリジナルイベント「人工知能オリーヴ君!」について

関連タグ

スーパーロボット大戦X-Ω
イヌイ・アサヒ
シャッテ・ジュードヴェステン
ベルタ・ベルンシュタイン
アマノミヤ・アヤメ
カタリーナ・カンパーニ

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「オリーヴ・オペール」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 502405

コメント