ピクシブ百科事典

オレオピテクス

おれおぴてくす

大昔のサルの仲間。いわゆる類人猿の一種とされる。

概要

1365~725万年前(新生代中新世)のイタリアに生息していたサルの仲間。
大きさは70㎝くらいで名前の意味は「山のサル」。草食性で主食は木の葉。
 
現代のテナガザルに似た体形で、生態も近かった(木の上で暮らしていた)と見られている。
長い腕と発達した指先を持ち、器用に木を登り、巧みに木々の間を移動していたようだ。
 
歯やあごを含む頭骨や後ろ足、幅の広い骨盤、尾骶骨(びていこつ。尻の上の辺り)にヒトと近い特徴が見られたことからかつては人類の祖先とされていたこともあったが、たまたま似たような特徴になっていただけで人類の系統(猿人など)とは縁遠いグループだったとされている。
 
ちなみに犬歯が小さいのは単に草食性だったから。前後の足は枝をつかんだり木に登ったりするのには向いていたが、やはりというべきか地上を移動するのは苦手だったという。

関連記事

親記事

類人猿 るいじんえん

兄弟記事

コメント