ピクシブ百科事典

オートルマウワー

おーとるまうわー

オートルマウワーとは、マクロス7に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV: 西村智博 (現・西村朋紘)
新統合軍の軍人で、精鋭陸戦部隊『ブルーライナセロス隊』を率いる隊長。階級は大尉。隻眼であり、右目を眼帯で覆い隠している。
イリーナ早川少尉は『ブルーライナセロス隊』の隊員で直属の部下にあたる。
イワーノ・ギュンター参謀率いる『バロータ3198XE第4惑星特務調査部隊』に隊ごと参加し、その所属戦力として同行している。

しかし、調査部隊は現地で通信を途絶し消息不明となり、彼もまた部下の早川少尉共々行方不明となってしまうのだが…。


関連タグ

マクロス7 イリーナ早川 イワーノ・ギュンター ギギル


以下、物語の重要なネタバレを含みます!閲覧注意!
























ここからネタバレ

オートルマウワーの所属していた調査部隊は、司令官イワーノ・ギュンター参謀がバロータ星系第4惑星に封印されていたプロトデビルンとの意思疎通を試みた結果、スピリチア吸収攻撃を受けて隊員のほとんどが廃人化させられて壊滅している。 しかし、ギュンター参謀とオートルマウワー大尉だけは例外であり、彼らはその肉体をプロトデビルンの意識に憑依され乗っ取られてしまっている。
オートルマウワー大尉を乗っ取ったのは『ギギル』と呼ばれるプロトデビルンであり、ギュンター参謀を乗っ取ったゲペルニッチと同時期に覚醒した個体である。

その後、『ギギル』として専用のバルキリーを駆り、廃人化した調査部隊隊員らを洗脳して兵士としたバロータ軍の前線指揮を執り、幾度無くマクロス7船団を襲撃する。
ゲペルニッチの言を信じるならば、オートルマウワーの意識は消滅していないはずであったが、その後ギギルがシビルを守るために死亡したことから、彼もまた死亡したものと思われる。

コメント