ピクシブ百科事典

カイザ(NARUTO)

かいざ

カイザとはNARUTOに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

『 自分にとって本当に大切なものは、たとえ命を失うような事があったって… 』

 この2本の両腕で守り通すんだ!! 

曖昧さ回避


1.「ダンボール戦機」に登場するLBXの一体→ カイザ
2.『仮面ライダー555』に登場するライダーの1人である。→ 仮面ライダーカイザ

本項ではNARUTOのカイザについて記述する。

概要

CV:高瀬 右光

波の国編 回想シーンにて登場。
国外から夢を求めて波の国に来た漁師である。
溺れていたイナリを助け、勇気の大切さをイナリに説いた。 (後にこの教えが波の国を救う事になった。
イナリに懐かれ、その後家族の一員となる。
カイザは波の国の人々に信用されており、雨により川の堰が開いてしまい、このままではD地区が絶滅の危機にさらされるが、カイザの活躍により波の国は救われる結果になった。

この件で、イナリにとって胸を張って誇れる父親になり、カイザの活躍は波の国を救い英雄となる。


だが財力と暴力をタテに入り込んで来たガトーに、カイザが波の国を守る為異を唱える。
ガトーにとって邪魔者であったカイザは捕まり、人々の目の前で十字架に吊るされ…
カイザは公開処刑され殺されてまう。


人物像

『 あの悪ガキどもはオレが”モロ”しかっといてやったからな 』
太い眉毛、ねじり鉢巻がよく似合う男、活気があって情の熱い性格である。 ”モロ”をよく付ける癖がある。( ちなみにタズナは”超”である

『 たとえ死んだって男が生きた証はそこに残る…永遠に… 』
イナリに勇気を説いた時、何処か遠い過去を思いつめていたが、彼の過去には何があったのだろうか…?


彼にはこれ以上の詳細が分からない事が多く、謎も多い為何処から来たのかは不明である。
ただ、カイザによれば『 俺の国じゃ犬ってのは”モロ”義理堅い生き物じゃけどな… 』ぐらいである。
アニナルに出ていた「海の国」の可能性もあるのだが犬と言えば香燐が言っていた、探索でよく犬を使うあの国も有り得なくない…
だが彼は漁師と言うのもあり、些か信憑性が低い…




カイザ忍び説

(※注意、これはカイザが忍びなのではないか?と言う考察である。
アニナルをメインに話を進めます。外れの可能性が高いのもあり、あまり信用はしないで下さい…


まず最初にイナリとカイザが出会う少し前である。

覚えているだろうか?イナリの友達と言っていた犬である。
溺れていたイナリから離れ、どっかに行ってしまった犬である。

実はあの犬はカイザが変化の術で化けていたのでは?と言う考察である。

通常変化とは、相手に似せて化ける術だが、NARUTOの世界では変化の術の使用者の癖が似る時がある。
例えばナルコ辺りがいい例だろうか、ナルトの特徴である頬にある毛が出ている。

はじめて描いたナルト君


では、カイザの特徴は何だろうか?ねじり鉢巻と太い眉毛である。
比較するとポチと言う犬も、特徴はやはり太い眉毛なのである。

そして思い出してもらいたいのが、物事の流れである。
イナリが溺れているのに、アカネ達を説教してからではイナリを助ける時間が無く遅すぎるし、だからと言ってイナリを助けてから、アカネ達を説教しようも逃げられてしまうのが必然の流れだろう。
到底、普通の人間には出来ないがならば可能である。

溺れていたイナリから離れた犬は、木々に隠れ犬の変化を解いて追いかけてきたいじめっ子のアカネ達を説教。
そしてあらかじめ、影分身の術で隠れていたカイザが、溺れていたイナリを救出。
この流れならば、イナリも無事に助けられるのだ。


ガトー陰謀を予期して波の国へ?


ガトーが近々、波の国へと現れ支配しようとするのを、カイザは知っていたのではないだろうか?
カイザがガトーの陰謀を知り、それを阻止するべく波の国来たと言う考察である。
だが結果は、カイザは処刑と言う結果で終わっているのだ。
これはカイザの失敗だろうか?恐らく別の意味があるのかもしれない。

公開処刑の処刑人はゾウリが務めているが、彼らはアニナルでは霧隠れの忍びである事が分かっている。
つまり、カイザはゾウリワラジが裏では繋がっていたのではないだろうか?
そうすれば、カイザが波の国の危機を察知する事が可能である。

それにゾウリとワラジは、イナリに対しては目を付けてる様にも見える。
イナリの今までの出来事を思い出してみたい。

波の国編でガトーの陰謀が潰えたのも、キーマンであるゾウリとワラジが失敗しているからである。
もしツナミを人質さえ連れていれば、ナルト達は反撃が出来ず再不斬カカシが仲違いを起こすのも有り得たかもしれない。

アニメ版ナルト疾風伝のオリジナルエピソード 「 イナリ試される勇気 」に着いても触れていきたい。
ガトー残党は達は再び波の国を支配下に置こうと動くが、これもゾウリが人質としてアジトに連れて来たのに短刀を放置した為、逃がすような手段を与えてしまうヘマをやらかしたのだ。これではガトーの残党は今だに懲りてないと教えてしまったようなものである。
だがイナリが行動に移そう考えなければ、短刀に目にはいかなかっただろう。

まずタイトルが、『 試される 』と書かれてあるが、誰に試されてたのだろうか?
ゾウリとワラジがカイザと接点があるなら、カイザなのだと思われる。

カイザはイナリに説いた言葉である。
『 自分にとって本当に大切なものは…つらくても悲しくても…頑張って頑張って たとえ命を失うようなことがあったってこの2本の両腕で守り通すんだ!! 』

つまりカイザはイナリに波の国を守ってほしかったのではないだろうか?

ゾウリがイナリに言っていたが、
『 あいつらが消えれば忍びのいないこの国で、俺達の邪魔をする奴らはいなくなるからな〜 』
つまり言い換えれば、ガトーでなくとも波の国の人々が戦う意志を持たない限り、又同じ悲劇が起こるとでも解釈ができる。
ゾウリとワラジが、イナリにばかり災難な思いをさせるのも、カイザがイナリに波の国を好きになってほしかったのだろうと思われる。
事実、ナルト達だけでは解決出来ない出来事でも、イナリの勇気ある行動で打破している。
ナルトからは、イナリの行動には感心していた。
『 イナリよくやったな! 』
カイザの死は、男の生きた証はイナリの心の中に永遠に有り続ける限り、イナリは、波の国の人々は、波の国を守っていくだろう。

 たとえ死んだって 男の生きた証はそこに残る… 永遠に… 



あくまでこれは考察です。あまり信用し過ぎない様に…

関連タグ

NARUTO 波の国 英雄 
タズナ ツナミ イナリ(NARUTO)
ガトー(NARUTO) ゾウリ(NARUTO) ワラジ(NARUTO)

コメント