ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ガブリエル(DOD3)

がぶりえる

アクションゲーム『ドラッグオンドラグーン3』に登場するキャラクター(メイン画像後ろの怪物)。
目次 [非表示]

概要編集

ガブリエルはウタウタイ姉妹の次女・ワンが対ドラゴン用に強化し使役する天使のドラゴンであり、パートナーとも言える存在・ガブリエラが魔獣化した姿である。


本編のプロローグである西暦999年にゼロが教会都市に強襲し、五人姉妹を抹殺しようとした彼女の左腕を炎で吹き飛ばした(ウタウタイは竜種が弱点であるため、竜種による攻撃をされると死んでしまう。ゼロの左腕だけが再生しなかったのもこのせい)。


しかし、ゼロ曰く「魔獣化させたドラゴンを召喚どころかその使役をするのはとても難しい」とのこと。下手にやろうとすれば精神崩壊は免れないため、ワンやゼロのように魔力が特段強い持ち主でないと出来ない業だと判明している。


ガブリエラ編集

ガブリエラともだちの歌

CV:北沢力


ミカエルまたはミハイルと同じ竜種だが、その口調は何とオネェ

思ったことを嫌味ったらしく発言し、竜種らしく下に見ている(特にDLC編のフォウとは相性が最悪で、彼女の本性を見抜いている)。

ミカエルに対しては「筋肉馬鹿マッチョ」と罵倒している。

DLC編でのみその存在が顕現されたが、漫画「ウタヒメファイブ」にて登場し、その活躍ぶりを見せた。



『ウタヒメファイブ』編集

クラーケンに叩き潰されそうになったワンを助ける(しかし彼女?曰く「変わった気配がしたから追いかけてみただけ」)。


最初はワンに対して悪態をついていたが、ワンの「世界を守るために強くなってゼロを倒す」という強い意志に惹かれ、教会都市に眠るこの世の力と叡智が封印されていると囁かれている「メルクリウスの扉」の存在を教え、彼女を姉妹共々案内した。

しかし、そのメルクリウスの扉がこの世の力と叡智を封じ込めているのではなく、ウタウタイを暴走させるモノを封印していたことが発覚し、そのモノに呑み込まれかけたワンを助けるが……………。


関連タグ編集

ドラッグオンドラグーン3 ワン ドラゴン オネェ 竜種





▼▼ここから先ネタバレ注意!!▼▼






































虚無の方位に在りし者 耳傾けよ


汝は我なり 我は汝なり


汝 天の獣にして魔の使いたる者


降臨せよ 我が最後の願いを以て


ー最後の願いの詠唱ー





ゼロの乱入によってウタウタイの暴走が止まり、彼女との殺し合いが始まろうとしていた中、扉の番人であるバルタスが現れ2人に襲いかかってくる。

彼の力は圧倒的でゼロでさえものともしなかった。

ワンも懸命に戦うが肩を負傷してしまい、絶体絶命の危機に。

これを見ていたガブリエラはバルタスを倒すため、そしてワンを助けるために竜種が生涯に一度しか使えない奇跡『最後の願い』を発動させ、力を得る代償として理性を失い、魔獣に堕ちてしまう。


バルタスを倒すことに成功するも理性を失ってしまったガブリエラはワンにも襲いかかる。

今度は自分が救う番だとワンは自分の心臓を取り出し、古の禁忌と言われた「魔物との命を共有する魔術」を用いてガブリエラと「契約」し、魔獣化を食い止めた(ウタウタイの力の暴走でウタのチカラと共鳴してしまったワンは大人になっていたが、ガブリエラの魔獣化を止めるための代償なのか元の子供姿に戻っていた)。


このような経緯があった故かワンはゼロを倒すための手段としてガブリエラを魔獣化させたらしいが、ゲーム本編(零章二節)におけるvsガブリエル戦で、


ゼロ「そいつはもう、ドラゴンでも何でもない。ただのバケモノだ」

ワン「黙れっ!貴様に何が分かるっ!世界の調和を保つウタウタイであることを忘れて、一人で全ての力を手に入れようとしている貴様に何が判るっ!」


嘗ての友をバケモノと呼んだゼロに対して、ワンが怒りを露わにして叫んだことから、この選択は彼女にとって苦渋の決断だったことがうかがえる。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4388

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました