ピクシブ百科事典

ガヴサタ

がゔさた

『ガヴリールドロップアウト』に登場する天真=ガヴリール=ホワイトと胡桃沢=サタニキア=マクドウェルのコンビもしくはカップリングタグ
目次[非表示]

概要

ガヴリールサターニャのペア、つまり合わせてガヴサタである。駄天使と大悪魔。

ガヴリールは元々優秀な成績をおさめていた善良な天使主席であったが、作品のタイトル通り下界の娯楽による洗礼を受け堕落し、性根が腐ってしまう。
そんな天使の面影が微塵もなくなってしまった駄天使を、(自称)大悪魔であるサターニャは悪のライバルに認定。
今日もサターニャガヴリールに勝負を挑んでいく。たとえ相手にされなくても。

アニメ

天使と悪魔が故郷に帰るエピソードにおいてガヴリールサターニャを友達と発言。

11話のAパートでは2人に焦点をあてたオリジナルエピソードが描かれた。
犬を飼いたいものの、アパートがペット禁止で為す術がないサターニャのためにガヴリールが一肌脱ぐというもの。結果的にガヴリールはバイトのシフトを増やすことに。
これまでのアニメ各話を視聴していたならご存知だろうが、あのガヴリールにとって働くことは余程のことである。

いつもは適当にガヴリールにあしらわれるサターニャ
しかし、彼女の対抗意識からくるガヴリールへの強い想いは、こういった形で密かに報われているのかもしれない。

ガヴリールドロップアウト Vol.1特典OVA1はガヴリールを陥れようと画策するサターニャ、という恒例の内容が収録されている。
訪れた旅館でガヴリールへ一緒に入浴することを執拗に勧めてくるサターニャ
水着回でガヴリールの更衣中の写真を撮っていた前科もあり、しまいにはガヴリールからそういう趣味があるのか?と疑われてしまった。
赤面しながら否定するサターニャガヴサタ好きならば必見。

また、トモセシュンサク氏による8話エンドカード、そして3月10日発売Newtype掲載ピンナップは2人がメインのものとなっている。

原作

未アニメ化のエピソードの中に、とあるきっかけでガヴリールサターニャへ好意を抱く話がある。
こちらは順当にいけば5巻に収録される予定である。

掲載誌であるコミック電撃だいおうじのVOL.33では二人が表紙を担当した。

原作者であるうかみ氏は当然アニメもチェックしており、ツイッターにおいて何度か関連したツイートを行っている。
時期からして、おそらく前述の11話に対するツイート。
原作者によれば、ガヴーニャらしい。

サターニャ「ちょっとガヴリール!」
ガヴリール「うわ…サターニャ…」
サターニャ「なんで嫌そうな顔すんのよ!!」
ガヴリール「なんか用?」
                        (原作の初会話より)

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガヴサタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53602

コメント