ピクシブ百科事典

クライシス・オブ・OZ

くらいしすおぶおず

『サマーウォーズ クライシス・オブ・OZ』とは、土屋つかさ氏による『サマーウォーズ』のスピンオフ小説。

概要・あらすじ

日本中を感動させた名作アニメ映画『サマーウォーズ』の派生作品。オリジナルストーリー。
角川スニーカー文庫より2010年7月31日に発売された。
著者:土屋つかさ氏 
原著:細田守
イラスト:杉基イクラ

日本は名古屋に住む中学一年生、池沢佳主馬はOZのOMC世界チャンピオンである。
3度目のチャンピオンベルト防衛に臨む彼だったが、心中では『何の為に戦うのか』という疑問に答えを見出せずにいた。
日本選手権の開催当日、エキシビションマッチに出演する予定の彼はネットカフェに入り、アバター『カズマ』を操り電子空間OZにログインする。
そこで出会った『マキ』というアバターは、何の偶然かネットカフェの隣席にいた高校三年生の山之手真紀。
怪しげな男達に追われていた彼女は、兄である山之手祐司からMAコンポーネントに関する謎のデータを預かっていて・・・!?

映画『サマーウォーズ』の三ヶ月前、GWを舞台に、名古屋と長野、東京、そして電子空間OZを巡って、佳主馬と真紀の逃避行が始まる。

関連タグ

サマーウォーズ 池沢佳主馬 山之手真紀 キングカズマ 陣内家

pixivに投稿された作品 pixivで「クライシス・オブ・OZ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8368

コメント