ピクシブ百科事典

クレアシオン

でんせつのゆうしゃ

ニコニコ静画で連載中のマンガ「戦勇。」のキャラクター。
目次[非表示]

概要

ニコニコ静画で連載中のweb漫画「戦勇。」に登場するキャラクター。

1000年ほど前に初代魔王ルキメデスを封印して世界を救ったとされ、
伝説になっている勇者の名前。

勇者の力で次元の狭間に結界を作り魔王に永眠の魔法をかけた後、
いつの日か魔王が復活した時に自分自身も共に目覚めるようにと自身の姿を剣に変えて
ルキメデスの胸に突き刺さっている、と言われている。

アルバたち勇者が持っている勇者証は、
彼が身に着けていたマークがデザインの元になっている。






正体

1000年前の伝説上の人物と称されるが、ちゃんと実在の人物である。
というか本編中、現代にすらちゃんと登場する。

というかしている。



第一話から。











新刊表紙《Which is your name?》
無題


その正体は、主人公アルバと共に旅に出た王宮戦士・ロス
容姿としてはバリ3ではない黒髪に赤い目、頭にはとあるアイテムである青い炎を付けている。
服装は黒のシンプルな上下に長いマント。首からは模様の入った円盤を下げている。
目つきはよろしくない。


「クレアシオン」の「クレア」とはロスの幼馴染みであり親友のクレアのこと。
「シオン」とはロスの本名である。

即ち、王宮戦士の名前「ロス」は偽名。「ロス」という名前の出処は、クレアが昔、戯れに名乗った仇名である。

誕生秘話
かつて、シオン(ロス)とクレアはオリジニアという村に住んでおり、それなりに楽しく暮らしていた。
オリジニア組の記事も参照。



シオンの父親は、当時まだ存在していなかった魔法の研究をしており、
クレアはシオンに内緒で研究に必要な材料の採取を手伝っていた。
必要な材料が残り一つとなり、クレアが研究の手伝いをしていたことがシオンに発覚したため、クレアとシオンは連れ立って最後の材料の採取のために「すごいしんでん」へと向かう。

そして先に神殿に着いたクレアが中に入ろうとした時、突如何者かに襲われてしまう。



「何者か」は、シオンの父親・ルキメデスだった。
ルキメデスは、最後の材料である「魔の感情(=憎悪や悲しみの感情)」を理想的な形で得るため、息子の目の前で、息子の親友であるクレアを惨殺しようとしたのだった。

そして、シオンの「魔の感情」により研究結果である「魔力ツクール君」は完成。
魔力を得たルキメデスは、試しに使った魔法でシオンの左手足を吹き飛ばして殺害してしまう。

しかし、先に死亡したと思われていたクレアが魔力に目覚めたことで一命を取り留めており、
クレアは魔法で自身の左手足をシオンに与え、彼を生き返らせた。
(この際、シオンにも魔力が発現している。)

クレアに発現した魔力がルキメデスよりも膨大だったため、ルキメデスは魔法でクレアの身体に魂を移し、身体を乗っ取ってしまう。

その後、魔王となったルキメデスからクレアを救い出すため、「クレアシオン」と名乗るようになったシオンは、ルキメデスを追って旅を始める。


実力ではルキメデスを凌駕しているクレアシオンだが、
クレアの身体からルキメデスの魂を抜き出す方法が見つからず、
己の編み出した封印魔法で自分ごとルキメデスを封印することにした。


余談

頭に着けている青い炎は、クレアシオンが作成した「魔力ツクール君」であり、
ルキメデスが作成したものとは違い、外部取り付け型である。(ルキメデス製のものは体内取り込み型)
しかし「魔の感情」で魔力を生み出すのは同様で、
後にクレアシオンから「魔力ツクール君」を譲り受けた2代目魔王ルキメデス
「魔の感情」により魔力を回復するシーンがある。

身に付けている勇者のマークは、クレアから仲間の証として渡されたものである。
また、左手甲には上記を基にした紋章が刻まれている。
これは、元々この左手の持ち主であるクレアが魔力に目覚めた際に、
頭の中にあった上記のマークが魔力の象徴として浮かび上がったためである。
この左手甲の紋章は、形を変えて王家に伝わり、現在の王家の紋章となっている。

これまでの説明通り「クレアシオン」とは王宮戦士ロスのことを指すため、
当然「勇者クレアシオンの子孫」はいない(少なくとも現段階では存在しない)。

SQ版

パラレルワールドにあたるSQ版では
ロスとクレアはただの腐れ縁の友達という関係になっている。
ちなみにこの世界(パラレルワールド)ではクレアは城下町の花火職人という設定である。

関連イラスト

【戦勇】彼の道筋
なんて綺麗で、(虚しい)



関連タグ

戦勇。 オリジニア組 戦勇。の登場人物一覧 勇者

pixivに投稿された作品 pixivで「クレアシオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 462232

コメント