ピクシブ百科事典

クーデルカ・イアサント

くーでるかいあさんと

PS用探索型RPG『クーデルカ』の主人公。及び、その続編『シャドウハーツ』の登場キャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:堀江由衣

ゲーム版、漫画版と共に『クーデルカ』の主人公。続編である『シャドウハーツ』にも登場する。
霊感が極めて強く、その特異な生い立ちからか気が強く口が悪い。

年齢は19歳。1879年にウェ-ルズの片田舎、アバージノルウィンの寒村に生まれる。
生来の強い霊感によって様々な怪異現象を引き起こすため、
9歳の時“呪われた子”として村から追放される。
以来、行くあてもなく独り放浪の旅を続け、霊媒として糊口をしのいでいた。

1898年の10月31日、ある「亡霊の声」に導かれ、ネメトン修道院を訪れる事になる。

余談

  • ゲーム中においては、開始1分少々でパンチラ・・・と言うよりパンモロを披露した事で、当時ちょっとした話題になったが、ちっともエロくない。
  • 作中には書かれていないが、1888年クーデルカが9歳の頃に、実在した殺人鬼「切り裂きジャック」に会っていると菊田裕樹氏のインタビューにて語られている。


シャドウハーツのクーデルカ

※以下シャドウハーツのクーデルカについてのネタバレ

     ↓





     ↓





     ↓
















CV:笠原弘子

ネメトン修道院の事件から15年後の1913年。年齢は35歳。
エドワード・プランケット」との間に子供「ハリー・プランケット」をもうけている。
一児の母となり、性格は15年前とは別人のように穏やかになっている。
髪型はワンレンボブで、藍色のロングスカートを着用しており外見も落ち着いた雰囲気に変わった。
しかし、よく見ると、チョーカーと腕輪はクーデルカの時と同じものを身につけている。

シャドウハーツの主人公、ウルを導いていた「謎の声」の正体でもある。
クーデルカも「謎の声」により修道院を訪れたことから、デジャヴを感じた人も多いだろう。

クーデルカは自分の能力を活かし、身の周りの傷ついた人々を癒しながら日常を過ごしていた。
だが、クーデルカの霊力を神降ろしの触媒として利用しようとするアルバート・サイモンに狙われることになる。
ハリーが幼い頃にアルバートと手を組んだ異端審問会に拉致され、精神病院に幽閉されてしまう。
神降ろしの計画への協力を要請されたが、頑なに拒否したため、3年間という長い月日に渡り、拷問にかけられてしまうのだった。

ウル達の協力もあり、無事に息子ハリーと再会する。
最後は家族で暮らすためにハリーと共に、エドワードがいるアメリカへと渡った。

関連イラスト

クーデルカ
「クーデルカさん」


クーデルカ
【Koudelka】「クーデルカ」



関連タグ

クーデルカ KOUDELKA シャドウハーツ
エドワード・プランケット ハリー・プランケット

pixivに投稿された作品 pixivで「クーデルカ・イアサント」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 714

コメント