ピクシブ百科事典

クーデルカ

くーでるか

1999年12月にサクノス(後のノーチラス)社が開発、SNK社が発売したプレイステーション用探索型RPG。及びそれを原作とした漫画。及びその主人公の名前。
目次[非表示]

概要

「クーデルカ(KOUDELKA)」とは、1999年12月にサクノス(後のノーチラス)社が開発、
SNK社が発売したプレイステーション用探索型RPG。
及びキャラクターデザインを手掛けた岩原裕二氏がその後日談を描いた同名の漫画。
及びその主人公、クーデルカ・イアサントのことである。

スクウェア社員、菊田裕樹氏(聖剣伝説2聖剣伝説3の楽曲を担当したゲーム音楽作曲者)らを中心としたスタッフが設立したサクノス社のRPG第1作。
クトゥルフ神話」「ケルト神話」「マビノギオン」「ヴォイニッチ手稿(写本)」等のオカルティックな題材を用いたゴシックホラー
これらの題材は後に同一の世界観を持つ「シャドウハーツ」シリーズにも引き継がれる。
続編のシャドウハーツ(1)は、クーデルカの出来事から15年後の1913年が舞台とされている。
グラフィックの質は高く、独特の雰囲気の演出にも成功しているが、肝心のゲーム性には怪しさが残る。
何気に「モーションキャプチャー」や「口パクをキャラクターの台詞に合わせる技術」を日本で初めて導入したゲームでもある。

備考
タグとして使用されるのはカタカナの「クーデルカ」が多いが、他ジャンルと重複し埋もれやすいため、
なるべく大文字英字の「KOUDELKA」タグと一緒に利用することを推奨する。

あらすじ

物語の舞台は、1898年10月31日、イギリスウェールズ地方のネメトン修道院。
そこには「亡霊の声」に導かれ訪れたというクーデルカ・イアサントという名の少女の姿があった。
彼女は修道院に忍び込み、人外の魔物と傷ついたある一人の男と出会う。

主な登場キャラクター

※CVはドラマCDでの配役

メインキャラクター


サブキャラクター


関連イラスト

クーデルカ面白かった
【発掘2001年絵】KOUDELKAとか


ヴィグナとヴァルナに
聖水によってきよめられているようだ…



関連タグ

クーデルカ KOUDELKA
シャドウハーツ シャドウハーツ2 シャドウハーツ・フロム・ザ・ニューワールド

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「クーデルカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 430197

コメント