ピクシブ百科事典

グレース・マレー・ホッパー

りあるこんぴゅーたーおばあちゃん

グレース・マレー・ホッパーとは米海軍の軍人。コボル開発者。

概要

グレース・マレー・ホッパー (Grace Murray Hopper) は、ニューヨーク出身の米海軍の軍人でコンピューター開発者。1986年に准将で退役。プログラミング言語COBOLの開発者としても有名。「アメイジング・グレース」の異名を持つ。
1906年12月9日生、1992年1月1日没(85歳)。

数学の博士号を持ち、1943年、大学助教授の職から海軍予備役入り。

1944年からハーバード大学でコンピューター「ハーバード マークI」の開発に携わる。プログラムのミスを「バグ」と呼ぶことを一般に広めたと言われる。

1951年、世界初のコンパイラ「A-0 System」を開発。
1957年、世界初の英語を用いたコンパイラ言語「FLOW-MATIC」を開発。
1959年、文法的に更に進化した言語「COBOL」を開発。

1967年、海軍作戦部長付部門責任者に就任。
1986年、79歳で退役。国防殊勲章受章。
1991年、アメリカ国家技術賞受賞。

1997年、アーレイバーク級ミサイル駆逐艦の第20番艦(DDG-70)に彼女の名「ホッパー」が命名された。

関連記事

親記事

軍人 ぐんじん

兄弟記事

コメント