ピクシブ百科事典

概要

ペルム紀後期に生きていた爬虫類で、背中に翼のような皮膜を持っており、現代のトビトカゲのように木から木へ滑空していたと思われる。
ただし、トビトカゲの皮膜は肋骨が変化したものなのに対し、コエルロサウラヴスの皮膜は肋骨とは全く繋がっていない独立した翼となっている。

関連タグ

爬虫類

関連記事

親記事

爬虫類 はちゅうるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コエルロサウラヴス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 190

コメント