ピクシブ百科事典

コズワース

こずわーす

「Fallout4」に登場するキャラクター。主人公に仕えるロボ執事。

概要

fallout4に登場する、主人公の執事。ゼネラル・アトミックス・インターナショナル社製の高性能家庭用ロボット「Mr.ハンディ」。

戦前、主人公夫妻が生まれたばかりのショーン君を連れてボストン郊外で暮らしていた頃から一家の家事をサポートしていたロボットである。核戦争と共に主人公がVault111に入ってから210年間、廃屋と化した主人公宅で独り帰りを待ち続けていた忠臣。再会直後は仲間になってくれないが、少しクエストを進めれば仲間として連れ歩くことができる。装備は雑草除去用の火炎放射器庭木刈込用の電動ノコギリ。装備だけ見ると家庭用ロボットなだけあって戦闘力が低そうに見えるが、ほとんどの人間コンパニオンが太刀打ちできない強烈な攻撃力を誇り、装甲もタフである。電動ノコギリの一撃でレイダーどもをなぎ倒し、トドメとばかりに火炎放射器で消毒する。ゼネラル・アトミックス社にとっての家庭用っていったい・・・。

核戦争以前の倫理観を持っているため、非常に常識的な価値観を持っており、無償の善行で好感度が上がり、一般人の殺害や盗みで好感度が下がる。過去作に登場する同型のロボットはだいたいAIが狂って猟奇殺人ロボットと化してしまっており、シリーズ経験者にとっては「Mr.ハンディ型=サイコパス殺人ロボ」という印象が強かったため、コズワースの善良な性格設定は驚きを持って受け入れられた。

ちなみに、日本語版での中の人(岩崎ひろし)は、過去に同じベセスダ社のゲーム狂った暗殺者を演じている。しかし日本人にとって最も伝わりやすい岩崎氏の代表的な役柄はスター・ウォーズシリーズの「C-3PO」だろう。実際コズワースの口調にも、どこかC-3POを思わせる癒し系の響きが籠っている。

DLC「Automatron」を導入すると他のロボット同様に改造でき、ぶっちぎりの最強コンパニオンとなる。またコズワースとキュリー限定の特徴として「不安定なミニガン(使用時低確率で部位破壊で自損する代わりに高性能)」などの不安定シリーズを使用しても部位破壊が起きない。
これはオートマトロン以前のロボットコンパニオンのため、部位破壊をする属性がキャラクターに設定されてないため。家族を喪った主人公にとっては唯一の戦前からの仲間なので、愛着があるならぜひオートマトロンを導入して頼れる相棒に仕立てよう。

関連タグ

Fallout4 ロボット 執事

関連記事

親記事

Fallout4 ふぉーるあうとふぉー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コズワース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46834

コメント