ピクシブ百科事典

サブジュゲイター

さぶじゅげいたー

サブジュゲイターは、サイバーパンクニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」の登場人物である。
目次[非表示]

◆忍◆ ニンジャ名鑑#66 【サブジュゲイター】 ◆殺◆
ヨロシサン製薬が多大な予算を投じて開発したバイオニンジャ。
ヨロシDNAコードを持つバイオニンジャやクローンを強制服従・遠隔操作する特殊ヒュプノ・ジツを操る。
カラテの腕前もスゴイ。
ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)

「貴方を服従させる(サブジュゲイト)。これがヨロシ・ジツです」

人物

初登場は第二部「ブレードヤクザ・ヴェイカント・ヴェンジェンス
暗黒メガコーポの中でも最先端バイオテックを誇るヨロシサン製薬が生み出した最先端バイオニンジャ。彼の誕生にはフォレスト・サワタリをはじめとする、度重なるバイオニンジャの暴走・脱走が背景にある。
時に暴走し、制御を受け付けなくなるバイオニンジャを制圧・服従させるために生み出された、いわばアンタイ・バイオニンジャとでも呼ぶべき存在であり、バイオニンジャへの決定的制圧策「ヨロシ・ジツ」をシステムとして運用するためのフラグシップとして生み出された。実際実戦投入後には着実に戦果を上げ続け、バイオニンジャの身でありながらヨロシサン製薬内では部長以上の権限を与えられているエリートである。
本人も自身がヨロシサンバイオ研究の頂点に立つ存在であるとの自覚を強烈に持っており、強いエリート意識を持つ。その一方で、ヨロシサン製薬にとって駒でしかない自身の境遇に不満を持ち、愛社的にふるまいながらも胸の内に野心を秘めている。
フォレスト・サワタリらサヴァイヴァードージョーにとってはメンバーの仇であり、サブジュゲイター自身も団員の一人に強い執着を示しており、お互い因縁の相手といえる。

ジツ・カラテ

全身に移植されたしなやかかつ強靭なバイオ筋肉とニューロンインプットされたプログラムにより、カラテのワザマエは実際相当な物。しかし、彼の進化はそのジツにある。

ヨロシ・ジツ

その名の通り「ヨロシDNAコード」に干渉し、それを操作・服従させるユニーク・ジツ。特殊ヒュプノジツ(書籍版ではフドウカナシバリジツ亜種)の一種とされ、ソウル由来のものではなくヨロシサンの技術によって生み出されたユニーク・ジツである模様。なお、このジツはなんと特許を取得している事が判明している。
ヨロシDNAコードはヨロシサン製薬が生み出したあらゆるバイオテックに遺伝子情報として組み込まれているものであり、少しでもヨロシサン製薬が関わったものであればあらゆるものを支配することができるという恐ろしいジツである。
支配度は対象のバイオ度に比例し、バイオ筋肉を移植している程度ならばそれに干渉し動きを鈍らせるぐらいだが、バイオ胚から生み出された純正のバイオニンジャクローンヤクザに対しては最大の威力を発揮し、肉体の完全な掌握や洗脳まで可能となる。またヨロシ・ジツの応用としてクローンヤクザの性能向上や、過度のバイオ強化によって自我が崩壊したニンジャの人格補正などの補助的な役割を果たすこともできる。
当然のことだが、ヨロシサン技術に一切かかわっていないナチュラルなニンジャに対しては全く意味をなさない。まあ、このジツはそもそもの目的がバイオニンジャの脱走防止・制圧用なのだから当然といえば当然だが

また、彼のスリケンは投擲後炸裂し、散弾のように破片を撒き散らす特殊なものを使っている。

外見

濃緑に金の渦巻き模様(唐草模様か?)を刺繍されたニンジャ装束に身を包む。ディスカバリーとそっくりだが、それはディスカバリーが元々彼のプロトタイプとして生み出されたニンジャだからである。

関連タグ

ニンジャスレイヤー フォレスト・サワタリ ディスカバリー

pixivに投稿された作品 pixivで「サブジュゲイター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7957

コメント