ピクシブ百科事典

シャドウボルト

しゃどうぼると

シャドウボルトは、劇場版『マイリトルポニー:エクエストリアガールズ』の第3弾『フレンドシップゲーム』に登場したヴィランズ。
目次[非表示]

概要

キャンタロット高校のライバル校・クリスタル学園の生徒たち。

シンチ校長(cv:塩田朋子)の教育方針から、冷酷で個人主義的な校風が生徒にも及んでいる。メンバーは学園での成績上位12名で構成されているが、性格面で言えば問題児ばかりでありチームワークといった協調性は無いに等しい。画面の6人以外にもスリ・ポロメアのほか男子生徒がいるが、そちらは本編では活躍しない。

ティアラを奪って人間界に逃亡したユニコーン・サンセットシマー、エクエストリアを追放された三頭のセイレーン・ダズリングスなど、歴代のボスヴィランとは異なる、劇場版シリーズ初の純粋な人間ヴィラン。エリート気質で、キャンタロット高校の生徒をライバル視する。

メインメンバー


トワイライトスパークル 通称・サイトワイ。

sci twi - friendship games


人間世界で暮らす人間版トワイライト
学校一の秀才だが学者肌で要領が悪い性格のため周囲から疎まれ、エリート気質で性格の悪いクラスメイトからイジメられている。ペットのスパイクが唯一の心の支え。
キャンタロット高校で巻き起こる不思議な力に注目して独自に調査を進めており、常にペンダント型の測定器を携帯している。実はコレには自動的に魔法を吸収するというとてつもない性能が秘められているのだが、作った本人は全く気づいていない様子。これが後に大きな騒動へと発展していくことになる。

シュガーコート(cv:三森すずこ)

シュガーコート


早口で喋るマシンガントークが特徴な毒舌家。
眼鏡で無口な性格など共通点が多いことからトワイライトが勇気を持って話しかけてみたものの、「何、話しかけてるの?」「公共の場では静かにして」「あなた、一生ドアマット(踏み付けにされる)ね」と冷たく突き放し、彼女の心をさらに閉ざすことになってしまう。フレンドシップゲームでもアーチェリーの矢がまったく当たらない彼女に「この下手糞!」と罵るなどトワイライトをさらに追い詰める。
モトクロスではメガネを外しコンタクトに切り替える。

サワースィート(cv:吉田麻美)

サワースイート姉貴


メンバーの参謀役で、率先してキャンタロット高校との対立構図を作り上げた。
裏表の激しい皮肉屋で、トワイライトに笑顔でお礼を言った後に、大声で皮肉を言うなど悪意の塊のような人物。また、責任転嫁が激しい。
運動神経に優れており、フレンドシップゲームでもアーチェリーなどの障害物を問題なくクリアーするポテンシャルの高さを見せつけた。しかし、2番手のトワイライトが矢を外しまくったため、大衆の面前で彼女を罵りついに泣かせてしまう。

サニーフレア(cv:徳井青空)
お嬢様気質な性格。倒れ込んできたトワイライトを恫喝するなど彼女の要領の悪さに呆れている。
ヴィランとしてメイン枠に上げられながらセリフも登場回数も最も少なく不遇な人。
袖部分が大きいので遊戯王ネタと絡められる(それくらいしかネタがないとか…)。
小説版ではいちおうメインで登場し、上の三人とパジャマパーティーに参加している。

インディゴザップ(cv:内藤有海)

シャドウボルト残り


体育会系の暴走キャラ。トワイライトに対して「絶対に勝つぞ!」と大声で同調を求めて、トワイライトが内気な演説をすると愛想をつかしてしまう。その後は、彼女に対して冷たい態度を取るなど気に入らない相手には敵意をむき出しにしてくる。リボンがきちんと結んでない等、服装が一番乱れている。
なお、フィギュアの先行発売により当初はライトニングダストとして登場させる予定だったが結局カラーリングも設定も一新され別物のキャラとして置き換えられた。
日本語版の声優は本人のツイートにより判明。

レモンゼスト(cv:高垣彩陽)

レモンゼストちゃん


音楽が好きでいつもヘッドホンを掛けている。ソナタ・ダスクに続いてヴィラン側のアホの子担当だが周囲を顧みず騒ぐなど別のベクトルで問題児。鬼教官という設定だが本編ではそのような描写は見られなかった。(むしろそれは同調圧力をかけるインディゴザップに相当する)
メンバーの中では比較的マシな方で誰にでも友好的に接するが、トワイライトを擁護しようとはせず、それどころか他の生徒に便乗して圧力をかけてくる等必ずしも味方という立場ではない。
同じ音楽仲間のDJ PON-3とは打ち解けており会話する様子が見られる。

関連タグ

マイリトルポニー エクエストリアガールズ

pixivに投稿された作品 pixivで「シャドウボルト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5731

コメント