ピクシブ百科事典

ジャンケンマン(キャラクター)

じゃんけんまんきゃらくたー

ここでは、1991年4月4日から1992年3月26日まで、テレビ東京で放送された、葦プロダクション(現:プロダクションリード)、ビックウエスト制作で放送されたオリジナルアニメ「ジャンケンマン」の主人公ジャンケンマンについて説明する。
目次[非表示]

概要

CV:折笠愛

ジャンケン村を守っている正義のヒーロー。ジャンケンをする時に出てくる平和と正義のエネルギー、ジャンケンパワーを使いジャンケン村の平和や安全を守っている、地域密着系のヒーローである。それ以外の時は親友のアイコたちと楽しく遊んでいる。普段は村の公園のジャングルジムの異次元空間内にあるジャンケン基地に住んでいる。

性格

正義感が強いがドジなとこともあり、お人好しな性格。そのためオソダシ仮面に騙されてジャンケン棒を奪われたこともあった。またジャンケンマンでの唯一のCDアルバム『ジャンケン村 歌のヒットバラエティ』内で司会をしたが、あらたまって人と話すことは苦手なようである。

ジャンケンパワー

ジャンケンをするときに出てくる平和と正義のエネルギージャンケンパワーを使って、村内の平和を守っている。もしジャンケンパワーが無くなってしまうとパワー不足になってしまい死んでしまうこともある。ジャンケンパワーを使うときには必ずポーズがある。
グー
ジャンケン棒を使ったハンマーなどを作って使うときに使うパワー。しゃがんで石をイメージしたポーズ。
チョキ
ジャンケンカッター(ジャンケンマンの頭の部分)を使うパワー。マントを体で包むポーズ。
パー
アニメでは使用回数が多かったパワー。バリアやジャンケンを公平に試合するときに使うドームを作ったり、火事の時に水を運ぶ時に使う。マントと体を開くポーズ。

アイテム

ジャンケン棒
ジャンケンマンがジャンケンパワーを集めるときに使うステッキ。ジャンケンパワーはジャンケン棒しか集められないので、大きなパワーを使うときやエネルギーを回復するときなどには必ずジャンケン棒を使う。パワーによって道具として使うときもある。ジャンケンマンだけでなく歴代のジャンケンマンは生まれたときからジャンケン棒を持っている。
おはなしライン
動物や植物と会話するときに使う電話。つなげるとジャンケンマンのモニターを通して会話することができる。
高速ウィング
常につけているマント。普段は閉じた状態だが、緊急時には全体が広がって飛ぶスピードがアップする。

台詞

登場時の決め台詞は「ジャンケンジャガイモホッカイドー!グー・チョキ・パーでジャンケンマン!」
ジャンケン棒を使うときの台詞は、「ジャンケン棒!ジャンケンフルアーップ!ジャンケンパワーよ集まれ!」
勝利したときの台詞は「パセリ、セロリ、キュウリ、勝利!」

関連イラスト

ジャンケンマンとトマトマン。90年代前半の正義の味方!
90年代ヒーロー集合!


関連タグ

ジャンケンマン(アニメ) ジャンケンマン ホワイトヒーロー

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャンケンマン(キャラクター)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2139

コメント