ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:???


概要

劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の登場人物。


ライデンシャフトリヒの旧敵国領・エカルテ島に暮らす元軍人。

彼自身はエカルテ島の生まれではなく、先の大戦で右目・右腕を失うほどの大けがを負っているが、それすらも自らが犯した罪を償うためと考えており、骨を埋める覚悟で島の子供たちに勉強を教え、女・子供、老人しかいない島民のために農作業に従事する。


関連タグ

ヴァイオレット・エヴァーガーデン 劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン










































この先、劇場版ネタバレ注意!





















その正体は、戦争で負傷し未帰還扱いとなっていたギルベルト・ブーゲンビリア本人。


劇場版では原作と違い、実兄・ディートフリート・ブーゲンビリアや旧友・クラウディア・ホッジンズですら彼が生存していることを知らなかった。

戦争後、教会の病院へと運び込まれ、自分が何をすればいいのか分からず、罪の意識を背負いながら各地を放浪し、エカルテ島へとたどり着いた。その後彼は自身の贖罪としてその島の教師となり、子供達に勉強を教えながら農作業を手伝っている。


ある日、女の子に手紙を書いて欲しいと頼まれ、執筆しライデンへと送られる。だが、宛先が不明のためその手紙はしばらくC.H郵便社の保管庫に置かれ、それを目にしたホッジンズ達は、彼が生きている希望を持つ。

その希望を信じたホッジンズとヴァイオレットはエカルテ島へ向かい、彼が島の小さな学校で教師をしている事を知る。


ヴァイオレットギルベルト

だがギルベルトは、自らが犯した罪から、会う資格はないとヴァイオレット達を拒絶する。ヴァイオレットも彼が生きていた事に満足し、彼への手紙を子供達に預け帰ることを決める。


しかし、ディートフリートから、自分がいなくなってからの彼女を知らされる。また手紙から、彼女の思いを伝えられる。それを見た彼は、彼女らの乗る船へと走った。そして...

関連記事

親記事

ヴァイオレット・エヴァーガーデンの登場人物 ゔぁいおれっとえゔぁーがーでんのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4899

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました