ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スーパーくいしん坊

すーぱーくいしんぼう

『スーパーくいしん坊』とは、『月刊少年マガジン』に連載された料理漫画である。
目次 [非表示]

概要編集

原作:牛次郎、漫画:ビッグ錠による漫画。

月刊少年マガジン』に1982年から1987年にかけて連載された。


町の洋食レストラン「キッチンくいしん坊」の跡取り息子・鍋島香介が料理対決や料理の無理難題に、奇想天外なアイディアでチャレンジしていく。

同じ作者コンビで描かれた料理漫画『包丁人味平』が料理人同士の料理対決に特化していたのに対し、本作は料理対決もあるが、人々の「ウリになるような新メニューを作りたい」「安い値段でご馳走を作りたい」「早く大量にランチを提供するには?」といった食の課題に挑む日常料理漫画の走り的な内容も多い。


初期は1話完結だったが、途中から数話を1エピソードとして描いていた。ちなみにエピソードの構成が変わった辺りから牛次郎が原作を担当しなくなり、ビッグ錠が作画と原作を一人でやっていたとか(ちなみにビッグ錠単独になったのはKCコミック版で3巻から)。


ハープを使って押し寿司を一気に切ったり、洗濯機でラーメンを作ったり、タイヤのホイールを回転させてお好み焼きを大量生産したりと、現在の衛生観念から見るとかなり無謀な料理も多い。まぁ、ビッグ錠作品ではよくある事だけれども。


主人公である香介は、ビッグ錠作品の血の気の多い主人公を更に極端にしたような性格で頭に乗りやすくケンカっ早い上にモノを考えない激情型。一応血が上りやすいという自覚はあるが、一度挑発されるとすぐに乗ってしまい無策のまま勝負をすることも。

それを象徴するエピソードが↓のもの。


「え!! 同じ値段でステーキを!?」編集

この作品の知名度をネットで上げたのが、

エピソード「美味ステーキ勝負の巻、前編」(文庫版では1巻に収録)のワンシーンである。

この回では主人公・鍋島香介が200gステーキを980円で出す店の広告を見て、食べに行ったところアナウンスでキッチンくいしん坊のワゴンカーで来たことが発覚され、店主から味を盗みに来たと因縁をつけられてしまう。

それに対して香介は、「出来らぁっ!」自分も同じ値段でうまいステーキを出せると啖呵を切る。

そこで店主は「どうしてもうちと同じ値段でうまいステーキを作ってもらおう」と言い渡した。

そこで香介が言い放った一言が……


「え!! 同じ値段でステーキを!?」


である。

このシーンの画像がネットで出回ると、同じ値段でステーキを出せると言い切った直後にその条件に驚く、というシュールさでネタ画像として有名になった。

あまりの矛盾に「コラ画像では」「ページが逆なのでは」という説も流れたが、ちゃんとした公式である(現に香介のセリフの後に店主が「そうだ!」と言い放っているので逆だと話がつながらない)。ますます訳が分からない。


切り絵「スーパーくいしん坊より、鍋島香介」スーパー磯風バーガーくいしん坊


近年、有志達の意見によると「雑誌掲載時、「え!! 同じ値段でステーキを!?」のコマの部分には広告が掲載されていて、単行本収録の際に空白に無理矢理描き込んだ結果こうなったのでは」とされていた。確かにこのコマを省いた状態で続きを読むと違和感の無い展開となっている(辻褄を合わせるためセリフが書き換えられている箇所もあるとか)。

しかし、実際は雑誌掲載時から該当コマに広告は存在せず、「同じ値段で~」がそのまんま載っており、単行本時に修正された訳でもないことが判明し、結局意味不明な展開になっている。


この様な「単行本収録の際に、広告が掲載されていた部分の空白に無理矢理描き込んだ結果、シュールな絵面になった」というケースで「玉子のジャンボケーキを披露する直前に何故か一旦冷静になる」というシーンもある。

剛欲「スーパーくいしん坊」「スーパーくいみん坊」スーパーシラオキ様

これも「コマが上下間違えているのでは?」と言う意見があるが、雑誌掲載時は下半分が広告になっていたための穴埋めなので間違ってはいない。だが、話の流れで見るなら上下逆のほうが多少マシに見えるのである。

このような記事部分の穴埋めは(当時の)他の作品でも行っており、中には本編に関係ない絵を導入するケースもある(くいしん坊でもそのケースはある)。


・・・とはいえ、劇中でも香介は啖呵を切った後に我に返り冷静になるシーンがあるため、頭に血が上った後のクールダウンが激しい性格(いうならば『熱しやすく冷めやすい』)と言えなくもない。現に香介以上にはっちゃけたキャラが登場している際は本人は意外と冷静な態度を取っている。


香介が親戚のイタリアンレストランの店主をリードする立場となった最終章『かぼちゃ対決』では彼が激情するシーンは終始なかった。もっとも、終盤は序盤にあった激情シーンは影を潜めているのだが。


pixivに投稿されている作品もこのシーンのパロディが多い。


え!! 漫画と同じ作り方で再現料理を!?編集

実はズボラの漫画飯再現料理のチャンネルのズボラ氏が当作品の料理を製法ごと再現するという、無謀極まりn…もといチャレンジャーな料理動画を投稿している。

しかし無茶苦茶すぎる原作の製法では再現どころか妥協しても無理があるためどうしても歪になりかねない。しかも原作は現実でやると料理として成り立たなくなったり最悪の場合大事故につながりかねない製法があるため妥協案を使うなど完全再現とはいかない。

ちなみにズボラ氏は漫画作者のビック錠氏に認知されている。


関連タグ編集

月刊少年マガジン 料理漫画 ビッグ錠 牛次郎

スーパー食いしん坊:表記揺れ


ミスター味っ子:1986年から1990年初頭まで週刊少年マガジンにて連載していた料理マンガ。同じ料理マンガであるスーパーくいしん坊とは序盤で連載が重なる。料理勝負を行いながら様々な食の課題に挑む日常料理漫画の発展型と言える作品で、くいしん坊で指摘された無茶な料理方法も無難なレベルまで引き下げている(それでもマネしにくい無茶な料理方法もあるにはあるが)。ある意味くいしん坊がなければ生まれなかった作品と言えなくない。なお、同作者の『包丁人味平』の単行本が映るコマも存在する。

関連記事

親記事

ビッグ錠 びっぐじょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 687557

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました