ピクシブ百科事典

セイバー(strangeFake)

ふぇいくせいばー

「Fate/strange Fake」に登場するセイバー。「偽りの聖杯戦争」には存在しないはずの剣士の英霊。
目次[非表示]

問おう、汝が俺のマスターか?

プロフィール

真名獅子心王リチャード1世
クラスセイバー
性別男性
身長178cm
体重66kg
属性秩序・中庸


概要

セイバー以外の六騎しか存在しないはずの「偽りの聖杯戦争」に姿を表した「七騎目」のサーヴァント
「偽りの聖杯戦争」最後のサーヴァントにして「真なる聖杯戦争」最初のサーヴァントとなるはずの存在で、「偽り」と「真実」を併せ持つ橋渡しとなる英雄らしい。

スノーフィールドのオペラハウスでアヤカ・サジョウの前に姿を表した謎のサーヴァント。
彼女に自分のマスターかを問いかけるが、彼女からは激しく拒絶されて困惑する。しかし理由は不明ながら彼女と魔力供給のパスが繋がった為、マスターでなくとも一方的に保護対象とする宣言をした。

人物

容姿はまだ若く、10代後半から20代前半ほどの青年。金髪に赤毛混じりの髪で、「古い西洋の貴族、ないし王族」とわかる荘厳な装束に身を包み、瞳は獣のように爛々と輝いている。

人の上に立つカリスマ性と包容力を持ちながらも、悪童めいた稚気と悪戯心も同時に併せ持っている。故国の祖王たるアーサー・ペンドラゴンを敬愛しており、騎士道を重んじる騎士でもある。
彼の「アーサー王伝説」への敬愛っぷりは異常なほどであり、なにかにつけて騎士王と円卓の騎士たちを讃えるため、読者はおろか遭遇した敵対勢力にも真名を看破された。
ちなみに音楽も大好きで、現代の音楽や楽器、映画などを鑑賞した際は「受肉して数々の音楽を座に持ち帰ろうか」とまで言うほど。特にロックミュージックがお気に入りらしい。

騎士道を重んじながらも破天荒な性格が災いし、2巻では警察に逮捕され、集まった野次馬の前で演説を行い、挙句その姿がテレビで生中継されるという暴挙をしでかし、他のマスターやサーヴァント、及び読者の度肝を抜いた。また、彼の正体を知らない第三者の仕業ではあるが、エレキギターを演奏している姿を動画共有サイトにアップロードされ、海を越えた時計塔の魔術師たちも仰天させている(ちなみにロード・エルメロイⅡ世からはギターの腕前を評価された)。

真名

獅子心王ライオンハート)」の異名で讃えられた中世イングランド王、リチャード1世
生涯のほとんど戦争と冒険に費やし在位中も6カ月しかイングランドにいなかったとされ、それゆえに「彷徨える王」という異名も持つ。その勇敢さ、冒険譚は敵味方とわず畏敬の念を抱かせ中世騎士の規範とされた。一方で、その度重なる遠征はイングランドの経済をむしばんだ。王位を継承した弟、ジョン欠地王は暗君として悪名高いがこうした兄のツケを支払わされた面も否めない。
冒険の目的は精霊や魔術の知識の探求であり、後の世でその逸話を知った偽キャスターには「神代の神秘に片足突っ込んだ最後の王」「神話と歴史の境界を彷徨う王」と評されている。この人物評も「偽りと真実の橋渡し」という立場に妙に符合する。
幼少の頃から文武両道で何でもできたという天才ではあるが、本人曰く「イングランド王なのに英語だけが苦手だった」とのこと。

真名が判明したのは3巻だったが、容姿や宝具、発言など2巻の時点でかなりの数のヒントが出されていたため、読者にはほぼ看破されていた。

Fate/GrandOrder』では、第六特異点にて『獅子王』の名前が出た際、異名の似通いからなのか彼の名前が出された。
更に、前日譚にて名前の似た外見が一致しない存在がいたが、本人かは不明である。

能力

ステータス

マスター?筋力耐久敏捷魔力幸運宝具
アヤカ・サジョウBBEX(B~A++)BCA


Fateシリーズにおいて、ステータスが判明しているサーヴァントでは初めての「敏捷EX」保有者。
韋駄天と称されるギリシャの大英雄や、狂化によって底上げされたクランの猛犬でさえA+であり、それ以上となると剣術無双のA++がこれまで最上であった。

リチャードの速さは彼等とは性質が違っており、平時ではB相当とそこまで速いわけでもないが、戦闘を継続すればするほどスキル「神速」の効果によって際限なく速度が上がっていくという特性を持っている。
ただ、加速していくには何らかの条件を満たす必要性がある描写がされており、加速の度合いも本当に上限がないのか、また戦闘が中断された場合は加速がリセットされるのかどうか、まだ不明な点が多い。

また、「驥足百般」のおかげで学習速度が速く、ライブハウスに潜伏していたたった1日の間だけで現代式の拳闘術とギターの演奏をマスターしている。

保有スキル

騎乗(A)乗り物を操る技術と才能。幻獣・神獣ランクを除くすべての獣、乗り物を自在に操ることが出来る。
対魔力(B)魔術詠唱が三節以下のものを無効化する。大魔術、儀礼呪法等をもってしても傷つけるのは難しい。
神速(A)その行軍の速さ、戦場での電光石火ぶりより霊基に刻まれた技能。戦闘を継続すればするほどに敏捷のスターテスが上昇する。
獅子心(A)ライオンハートを体現したスキル。その何者も恐れぬ勇猛さがスキル化したもの。敵には恐怖や警戒心を呼び起こさせ。味方の士気を上昇させる。
驥足百般(A)武術、芸術、色事など様々な分野に才能を見せた逸話から。生前に嗜んだ物はBランク以上、新しく始めた事柄は通常よりも早い速度で習熟する。


宝具

✕✕✕✕✕勝利の剣


永久に遠き勝利の剣(エクスカリバー)

  • ランク:D〜A+
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:1〜99
  • 最大捕捉:1〜1000


手にした得物に「聖剣エクスカリバー」の概念を付与し、雷撃の如き光の斬撃を繰り出す。
基本的に剣を使うものだが、木の棒や丸めた羊皮紙でも効力が及ぶ。ただし、「エクスカリバー」として使用された物体が脆ければ使用後すぐ崩れ落ちてしまうのが欠点であり、全力で振るう場合はそれなりの得物が必要になる。
生前アーサー王に憧れるあまり身の回りの手に持って戦えるものすべてに「エクスカリバー」と名付けていたという逸話が昇華した宝具で、作中で本人が言及しているように、ランスロットの「騎士は徒手にて死せず」と性質の似た、「具体的な武器」ではない能力としての宝具
ただし本物のエクスカリバーを握ったとしても本物の『星の聖剣』には及ばない。
ちなみに、月の聖杯戦争で似たような表記の宝具があるが、あれは本家に近い模造宝具であり、読み方も違う。

作中では紛失や破損などで得物を次々に変えており、現界時に所持していた装飾剣に始まり、森に落ちていた木の枝、刃引きされた装飾剣、果ては英雄王からパクった宝剣などを扱っている。

円き十字に獅子を奏でよ(ラウンズ・オブ・レオンハート)

  • ランク:A
  • 種別:対軍宝具
  • レンジ:-
  • 最大補足:-


生前に縁のある者の魂を従者として自らに同行させる。直訳すると「獅子心王の円卓」、すなわち「リチャードにとっての円卓の騎士たち」を意味する。
同行者はリチャード自身が現界する際に選ぶが、同行するか否かは選ばれた側が決める。人数の上限は召喚時の状況によって異なり、今回の現界では7人が付き従っている。なお、対象が座にいるかどうかは関係なく、英霊に至った者、そうでない者のどちらも従者になりうる。
彼らを実体化させる事は魔力を膨大に必要とする為通常は無理であるが、代わりにリチャードの魔力を介して「技」や「魔術」を使ってサポートする(額面通りに捉えると、裏を返せば魔力さえあれば現界可能という事にもなりそうだが詳細は不明)。
簡潔に言うとスキル限定の王の軍勢誠の旗のようなもの。もしくは格ゲーの援護キャラ。
リチャードは彼らと自由に会話することができるが、他人からは独り言を言っているようにしか見えない。リチャードに魔力を供給しているアヤカは魔力供給量を高めることで彼らを認識できる。

ロクスレイ
暗殺者。ロビンフッドの異名の一つ。「ロビンフッド」は特定の個人名ではなく、様々な人物の伝承が一つになったもの(例えば、2010年の実写映画では「ロビン・ロングストライド」と「ロバート・ロクスレイ」が別個の人物として登場している)で、ここでの彼もまた数多く存在するロビンフッドの1人と思われる。故に某緑茶とは恐らく別人なのだが、毒矢を使用してアサシンの襲撃からリチャードを守った事からイメージを重ねる読者も少なくない。

ピエール・バジル
弓兵。家族の敵討ちとしてリチャードを狙撃、死の切っ掛けを作った人物。リチャード自身は彼の行為を正当なものと評し報奨金まで与え放免するも、死後に反故にされ全身の皮を剥がれ処刑される(その状態を引きずって座に入ったらしく、かなりキツい見た目となった模様)。そのような事がありながらもリチャードは彼を同行者として選び、ピエールもまたそれに応じた事からリチャードのカリスマの高さが窺える。

ウィリアム
明言はされていないが、リチャードを含む5代の王に仕えた重臣「ウィリアム・マーシャル」と思われる。魔力を消費すれば馬を出してくれる模様。

関連人物

アヤカ・サジョウ
正確にはマスターでは無いが、彼女から魔力を供給されている為、保護対象としている。

アーサー王
尊敬する偉大なる騎士王。祖国の英雄として大ファンであり、生前は騎士王の遺産を求めて冒険したほど。

サンジェルマン
生前遭遇した奇妙な男。不可解で意味深な言動が多い道化師。

ブラダマンテ
シャルルマーニュ十二勇士の一人で、同じく円卓ファン。ただし生前の縁はなし。

母親
幼い頃から何でもできてしまうがゆえの悩みを抱えていたリチャードを諭し、後の人格形成に大きく関わった。記憶を垣間見たアヤカ曰く美人だが、怒ると非常に怖くリチャードも頭が上がらなかった模様。

余談

誕生秘話
Fateシリーズ』にはいわゆる「セイバー顔」のヒロインが多く登場し、本作作者・成田良悟もセイバーをこよなく愛する武内崇社長から「女性化してセイバー顔にしないか」と熱のこもった提案をされたが、相席していた奈須きのこ氏の「断るならきっちり断わるべきですよ」との助言を聞いて、さすがの成田氏も断ったという。そこまでにしておけよ武内

「リチャード」とロック
まさかのロックスター適性を発揮したリチャードであるが、そのロックの世界にも多数の「リチャード」が存在している。ここでは『strange Fake』とも繋がりのありそうな人物を二人紹介しておく。
一人はリッチー・ブラックモアディープ・パープル脱退後に結成したレインボーの代表曲、その名も「Gates Of Babylon」(公式な邦題は「バビロンの城門」)の作曲者の一人でもある。
もう一人はリック・ウェイクマン。『ジョジョの奇妙な冒険』1期ED曲、イエス「Roundabout」でキーボードを担当した人物だが、自身名義ではアーサー王伝説をモチーフとしたアルバムを発表、その名もずばり「アーサー王と円卓の騎士たち」。

関連イラスト

まさかのコンビ【#中国語注意】
fakeまとめ



関連項目

Fate/strangeFake セイバー(Fate) サーヴァント
 剣士 騎士 完璧超人

関連記事

親記事

セイバー(Fate) せいばー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「セイバー(strangeFake)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 472527

コメント