ピクシブ百科事典

ゾアロード

ぞあろーど

強殖装甲ガイバーに登場する悪の組織クロノスに所属する最高幹部達の呼称。
目次[非表示]

ゾアロード(獣神将)

強殖装甲ガイバーに登場する秘密組織「クロノス」を管理運営している最高幹部達である。漢字では”獣神将”と書き、総帥アルカンフェルを筆頭に12名で構成される様から幹部達はまとめて十二神将と呼ばれている。ゾアノイドの「獣化」に相当する戦闘形態への変身キーワードは「獣神変」
地球生命を生み出した”降臨者(ウラヌス)”によって生み出された”原初の獣神将(オリジナル・ゾアロード)”であるアルカンフェルを中心に、彼の能力を分配して与えられた者達が他の11名である。
クロノスが世界征服を達成した後は、外宇宙に進出するために人類に調整を施してゾアノイド化する政策を世界全体で推し進めている。皮肉なことにクロノス十二神将による世界統治によって世界規模での医療技術の向上や環境保全が促進され、主権国家が消滅したことで国境紛争が無くなり人類は有史以来最も平和な時代を迎えている

神将と呼ばれるとおり、彼らのしもべであるゾアノイドにとっては正に神にも等しい存在である。これはゾアノイドたちには遺伝子レベルでゾアロード達に対する服従が刻み込まれているためで、ゾアノイド達はゾアロードの命令にはどんな内容であっても迷わず従ってしまう上にゾアロードの存在を察知した場合、判断力を失い跪き服従の姿勢を取る特性を持たされている。ゾアロードはテレパシーの一種である思念波によってゾアノイドに命令したり、ゾアノイドの記憶や思考をトレースすることが可能である。言ってしまえばゾアロードは遺伝子レベルで人間の尊厳を踏みにじれる存在なのだ。

ゾアロードは額に埋め込まれた結晶状のエネルギー生命体「ゾア・クリスタル」の力によって人知を越えた能力を発揮することが出来る。例を挙げると、不老の肉体を持つ・物理攻撃を防ぐバリアーの生成・重力や空間を自在に操る・気象をコントロールする・天体を砕くほどの衝撃波を放つ、などなど、正に神にも等しい力を振るう事が可能で、かつゾアロードは戦闘形態を取っていない人間の姿でもバリア展開や飛行といった一部の能力は使用可能である。もっとも、上述のようにアルカンフェル以外のゾアロード達は、アルカンフェルのゾア・クリスタルをクローン培養して作ったクリスタルによって彼の能力を分配された存在なので、純粋なゾアロードはアルカンフェル只一人である。

ガイバー達にとっては最大の難敵であり、ガイバー・ギガンティックという追加武装を手に入れる前はまるで歯が立たない有様だった。しかし、ソアロードにとっても強殖装甲ユニットは重要なアイテムであり、ゾアロードが強殖装甲を身に纏えば降臨者の手にすら余る超存在になれる可能性が示唆されている。

神将メンバー

アルカンフェル
太古の昔に降臨者によって最初に生み出された”原初の獣神将(オリジナル・ゾアロード)”。元々は降臨者の忠実なしもべだったが、降臨者達が地球生命を危険視し一方的に処分しようとしたことに激昂し、彼らの手から地球を守り永い眠りについた。16世紀ごろ、偶然彼が眠るシラー島に流れ着いたバルカスと邂逅したことで覚醒し、降臨者に詰め寄るために秘密結社クロノスを立ち上げた。彫像のごとき美貌と厳かな風格を漂わせる美青年であり、獣化形態も天使の羽根をあしらったかのような荘厳なデザインである。大昔に降臨者から体の機能を狂わせる電流(パルス)を受けたせいで周期的に眠り続けてしまう体質になってしまい、それを克服するためにユニット・ガイバーを求めている。

ハミルカル・バルカス
クロノス12神将の最古参にしてアルカンフェルの忠臣。元々はヨーロッパの科学者で、400年ほど前に新大陸(現在のアメリカ大陸)を一目見ようと船医に志願し航海に出たが船が難破し、偶然アルカンフェルが眠るシラー島にたどり着いた。後にアルカンフェルの臣下と成り、彼の能力を分け与えられてゾアロードとなった。それ以降、クロノス最高峰の科学者として手腕を振るい、降臨者が残したロストテクノロジーを解析し現代の世界に蘇らせた。ゾアノイド開発の第一人者であり、数多の強力な獣化兵を世に送り出している。

リヒャルト・ギュオー
劇中最初に現れたゾアロード。近接戦闘を得意とする重力使いであり、そのパワーで幾度もガイバー達を追い詰めた。ゾアロードの中では一番の新顔であり、アルカンフェルとも面識が無かった。そのため自らの野望のために暗躍し、ユニット・ガイバーを手に入れることでアルカンフェルをも超越しようとしたが、計画がばれてしまいアルカンフェルによってゾア・クリスタルを奪われ粛清された。・・・かに思われたが驚くことに生還しており、クロノスの不穏分子であるクルメグニク一派に合流した。

シン・ルベオ・アムニカルス
クロノス12神将の古参の一人。バルカスによってスカウトされたためか、彼とは公私ともに親しい間柄である。クロノス統制局北米支部の最高責任者であり、のちに日本支部の責任者となった。真面目で責任感が強いがバランスのとれた思考の持ち主であり、後にガイバー達と一時的な停戦協定を結ぶに至った。強力なバリヤーと生体ビームを使いこなす生体砲台とでも言うべき能力の使い手。

フリドリヒ・フォン・プルクシュタール
クロノス日本支部の最高責任者を務めていたゾアロード。気象をコントロールし雷を自在に使いこなす強敵であった。クルメグニク達がガイバーをおびき寄せるために起こしたテロ事件を調査するべく赴いたことでガイバーⅠと接触し、なし崩し的に対決した。その後クルメグニク達の陰謀を察してしまったがために口封じとして暗殺された。

ラグナク・ド・クルメグニク
クロノスアフリカ支部を統括するゾアロード。アフリカ民族衣装風の装備に身を包んだ浅黒い肌の男。ゾアロードとユニット・ガイバーの関係性に疑問を抱いたことで、自らもギュオーと同じくクロノスに叛意を抱き、同士であるカブラール・ハーンとジャービル・ブン・ハイヤーンとともに陰謀を張り巡らせるようになたった。

カブラール・ハーン
満州族風の民族衣装をまとった小柄な老人。結跏趺坐した姿勢で常に空中を浮遊している。穏やかな見た目とは裏腹にサディスティックな激情家であり、怒ると手が付けられなくなる。
生物の体組織を操る能力を持っており、これを活かしてゾアノイドの肉体を吸収・再構成することで巨大な怪獣である「巨獣神(ドラグロード)」形態に変身する。

ジャービル・ブン・ハイヤーン
クルメグニク一派のゾアロード。イスラーム圏の民族衣装風の装備をまとった壮年の男性。大気をコントロールする能力の持ち主で、クルメグニクと合体することで魔神と呼ばれる形態に変身する。

ワフェルダノス
毛深い巨漢のゾアロード。実は彼だけは人間を調整したゾアロードでは無く、太古の昔に降臨者が生み出した広大な森林型生体ユニットにゾア・クリスタルを与えたことで人間形態に変身した存在である。戦闘時には伸縮自在で強靱な臣毛と呼ばれる体組織を展開し、味方に有利なバトルフィールドを作り上げる。しかしこの形態には時間制限があり、一定時間を過ぎると元の森林型生体ユニットに戻ってしまう。

李剡魋(リエンツイ)
右目を髪で隠した若い容姿のゾアロード。名前の通り中華圏出身者であるらしく、技の名前にも中国語が使われている。空間を意のままに切り刻むトリックスターであり、空間を自在に行き来することも出来る難敵である。

エドワード・カールレオン
葉脈のような意匠を施された装備に身を包んだゾアロード。自分の体を異次元空間である虚数空間に隠すことで、対戦相手の攻撃を無効化しなおかつ一方的に相手に攻撃が出来るという、反則のような能力の持ち主。普通であれば敵無しの能力の持ち主だが、戦った相手が自分と同じ能力を使える謎の存在アポルオンであったため、虚数空間に踏み込まれた挙げ句ゾア・クリスタルを抜き取られて敗北した。

トゥアハ・デ・ガレノス
岩のような肌をした巨漢のゾアロード。物語ではいまだに活躍もしていなければ会話もしていない。

イマカラム・ミラービリス
ギュオー粛清後に新たに神将メンバーに加わった新参。その正体はガイバー達と共にクロノスと戦ったプロトゾアロード・村上征樹である。一度はギュオーの手によって殺害されたのだが、ギュオーのゾア・クリスタルを与えられ再調整されたことで蘇生し、ギュオー以上の戦闘力を持つゾアロードに生まれ変わった。造反防止のために人格を破壊されており、アルカンフェルの忠実な下僕にされてしまった。

関連タグ


強殖装甲ガイバー

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾアロード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43

コメント