ピクシブ百科事典

ガイバー

がいばー

ガイバーとは、高屋良樹が連載中のヒーローマンガ「強殖装甲ガイバー」のこと。並びに作中で登場するユニット・ガイバーのこと。
目次[非表示]
guyver


ガイバー とは

  1. 高屋良樹のヒーローマンガ「強殖装甲ガイバー」。
  2. 同作品に登場するユニット・ガイバー。並びにそれを装着(殖装)した人間の事。
  3. 作中に登場する宇宙人言語規格外品」という意味。

漫画作品の詳細は強殖装甲ガイバーを参照。

ユニット・ガイバー

元々は降臨者(こうりんしゃ。太古の地球に降り立った宇宙人)が標準装備として身につけていたもの。
装着した者の生命を維持する宇宙服の様に使われており、本来は武装では無かった
降臨者はこの装備のおかげで何十億年もの期間にわたって地球で生体兵器の開発・研究を続けることが出来たのである。

使用方法

初期状態では平たい六角柱のケースの様な状態で保管される。
ケース状態から起動すると外郭が開き、中の強殖生物(きょうしょくせいぶつ。スライムの様に一定の形を持たない生物)と金属製の制御球(コントロールメタル)が飛び出して起動した生物の全身を覆う。
そして取り付いた生物の遺伝子能力を分析し、骨格筋肉内臓感覚器官を変化・強化し、体表を生体装甲とも呼べる頑丈な外殻で覆い、背中(脊髄に直結する形で)に呼び出し用の生体組織である「誘殖組織」を植え込む。

いわば生物の肉体を瞬間的に改造するシステムである。
結果、殖装者は身体能力と感覚が向上し、空中飛行や水中・地中等の異環境での
活動も可能になりさらに強殖生物の特徴を活かした非常に高い再生・回復能力を得る。
ただし回復といっても疲労をしない訳ではなく身体欠損等が比較的速やかに元の状態
に再現される(流石に瞬間復元とまではいかない)と言う事である。
これを起動・召還して身に纏うことを「殖装」(しょくそう)といいその状態の
人間は「殖装体」とも呼ばれる。殖装している間は食事を必要とせず、肉体が老化することもなくなる。

必要が無い時は体から外すことが可能。肉体及び着衣はその際、瞬間的に呼び出し用の誘殖組織のみを残した状態で元の状態に戻される(逆改造とでも言うべきものである)。
制御球を含んだシステム一式は異次元に移動され、次に呼び出されるときまで待機する。
呼び出されたら前述した瞬間肉体改造を再度行なうわけである。

ユニットは最初に殖装した個体に合わせたチューニングがされる。そのため他の者が呼び出して使うことは出来ない。
殖装体からユニットを完全に分離して元のケース形態に戻す「初期化」には「ユニット・リムーバー」という専用の生体道具が必要となる。

ユニットは基本的にどれも同じ物である。殖装後の姿や能力に差が出るのは、素体となった人間の(精神状態も含めた)違いによる。

ガイバーⅠ
ガイバーⅢ
ガイバーⅡ
♀ガイバー。



形成されるパーツ


グラビティコントローラー

腰部にベルトのバックルの様に設置されたエネルギー供給器官。
ガイバーの活動に必要なエネルギーはここから供給される。
ここと身体各部の瘤状の器官によって重力制御による筋力増幅・最適化や飛行を可能にする。

センサーメタル

側頭部に配置された超感覚センサー器官。建造物等の透視や走査、視覚外の敵を察知するレーダー的な用途に用いられる。

バイブレーション・グロウヴ

人間で言う所の口の部分に位置する一対二個の金属球。殖装体は上記の通り肉体は改造され戦闘に直接関係無い不要臓器は痕跡レベルに退化する。この為口に対応する部分に金属球二つで構成された発声器官が形成される。声帯の振動ではなく金属球の振動で声を音波として直接発する為僅かに肉声とは異なる独特な癖がある。
なおその両サイドに吸排気口が配置され、体内の余剰代謝熱や老廃物を蒸気レベルで排出する。

武器

ガイバーは「異星文明が用いる生体システム」であるためか、必要な武装は全て自分の体に形成されているものである。

高周波ソード

肘に有る突起を延伸し刃を形成する武装。刃を高周波振動することで、触れた物質の分子構造を切断することが出来る強力な切断兵器となる。そのため基本的に何でも切り刻めることになる。
使用頻度は高いが一対一の戦闘よりは多数の敵相手に使う場合が多い。
装備位置上どちらかと言えば相手を横合いに斬り抜けて行くのに最も適している武装である。

ヘッド・ビーム

額上部、下記の制御球に接している頭角基部辺りにある器官から発射される赤外線レーザー。
威力は装備武装内では弱い方だが、一般獣化兵相手には十分な威力を持つ。
OVA3話で制御球の自動防御装置という一端が明かされている。

ソニック・バスター

先述の「バイブレーション・グロウヴ」を使用し原子の結合を破壊する共鳴周波数の音波振動を発する事で対象を振動粉砕するのがソニックバスターである。共鳴周波数を設定する「チューニング」に時間を取られ隙が大きいものの効果範囲が広く原子レベルで分解される為威力は高い。低出力ないしは
チューニングが為されていない状態でも敵に対し不快周波数音を発する事で相手を怯ませる事は可能。

プレッシャーカノン

前述のグラビティコントローラーの力で、
掌にマイクロブラックホールを作りその蒸発圧力を球形状に投射する武装。
基本は両手をかめはめ波の様に両手を前に構えてチャージしながら投射する。
威力は落ちるが片手のみで形成して撃ったり片手投射を両手で行う事で二方向を同時に攻撃したりと
それなりにバリエーションの有る攻撃が出来る。
また応用として圧力塊を投射せず手の内で形成し続ける事で地中を掘り進む用途に転用可能。

メガスマッシャー

リンク先参照。

バリヤー

ガイバーを殖装する際に邪魔な周囲の物体を吹き飛ばす機構。ゾアノイドも至近距離で喰らうと即死するほどの衝撃を放つ。これによってガイバーは変身ヒーローの弱点である”変身中の無防備状態”を克服している。ただしこれは殖装の際にしか使えず、通常の戦闘状態では使用できない。

欠点

結論から言えば制御球(コントロールメタル)である。
強殖生物は、本来は捕食した生物の遺伝子を分析して自らの能力とする性質を持っている。
制御球はこの性質を文字通り制御して、前述した肉体改造を殖装者に行なう。
殖装者の制御球が破壊されると、強殖生物が本来の性質を取り戻し、殖装者を喰い殺してしまう

規格外品

本来ユニットは前述の通り武装ではなくあくまで降臨者用の宇宙服やハザードスーツの類の代物でしかない。
ある降臨者が人類の祖先の一人にユニットを装着させる実験を行ったが結果は恐るべき物だった。
ユニットは降臨者が使用したときよりも遥かに凄まじい能力を発揮した。これはこの世界の
人類が兵器素体種として開発されている為ユニットの増幅も戦闘を意識した傾向が強かった事が
主因だが。
しかし殖装した人間は降臨者の思念波による命令を受け付けなくなってしまい、多大な被害が出てしまう。
兵器としては優れた性能を持ちながら、自分達でコントロールできないシロモノになってしまったのだ。
降臨者は殖装した人類のことを「規格外品」『ガイバー』と呼んだ。

ギガンティック

倍率ドン!さらに倍!!
黒い魔神


物語中盤、クロノスの総帥にして最強の獣神将(ゾアロード)アルカンフェルとの戦いに敗れた深町晶が遺跡宇宙船のナビゲーションメタルと呼応して作り上げた対ゾアロード用追加装備である。
一口に言えばガイバーの上から着るガイバーである。外殻は生体宇宙船である遺跡の細胞と強殖細胞の融合組織で形成されており、ゾアロードとも互角以上に戦える程の戦闘力をその身体に宿している。
武装は基本的にガイバーの武装のフォーマットから引き継いだ物がメインだが、それらも比較にならないほどにパワーアップしている上、独自装備もいくつか追加されている。
全身に配置されたエネルギー増幅装置:エネルギーアンプをフル稼働させることでその身体を正に巨人へと変身させるギガンティックエクシードという形態こそがこの装備の真骨頂である。

ギガンティック エクシード


関連タグ

強殖装甲ガイバー

pixivに投稿された作品 pixivで「ガイバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 830326

コメント