ピクシブ百科事典

エンザイム

えんざいむ

漫画『強殖装甲ガイバー』に登場するゾアノイド。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 英語で『酵素=Enzyme』という意味。
  2. 強殖装甲ガイバー』に登場するキャラクター。本稿で解説


概要

ガイバー分解酵素を持つゾアノイドの総称。
ガイバーⅡから採取した強殖細胞を元に生み出された分解酵素は化学反応でガイバーの強殖装甲を溶解する性質を持ち、その酵素を体内で生成するエンザイムはまさにガイバーの天敵と言える。
また、血液にも分解酵素が含まれており、OVA版ではガイバーⅠが腕の高周波ソードでエンザイムを斬り裂いた直後に腕ごと高周波ソードが溶解していた。

エンザイム(初期型)

無題


初のエンザイムシリーズである試作型ゾアノイド。
ぱっと見で白い毛皮のゴリラのような外見であるが、長い尻尾が生えている上に頭部は昆虫のような複眼と触角がついている。
初期型の分解酵素は外気に触れると効力を失うため、爪・牙・尾の先端に分泌腺が設けられており、それらの部分を突き刺して酵素を注入する形でガイバーにダメージを与える事が可能となっている。
クロノス日本支部長であった巻島玄蔵が度重なる失態の制裁として調整されたが、生体バランスを無視した短期間の調整で寿命が1週間しかない。
一応、再調整で延命は可能であるが、短期間の調整の弊害で一生獣化後の姿で生きなければならない模様。
ガイバーⅠこと深町晶の活躍で全てを失った玄蔵は憎悪と執念でガイバーⅠを追い詰めた末に制御装置(コントロールメタル)を抜き取った。
直後に制御装置を失って暴走したガイバーⅠに襲われ、最期はリヒャルト・ギュオーにコントロールされて肉体が四散し、返り血を浴びたガイバーⅠも溶解して死亡してしまった
それからほどなくガイバーⅠが制御装置に付着していた細胞の増殖で復活したのだが、連載から5話目で主人公を一度殺害した敵という印象を残す事となった。
ちなみに玄蔵亡き後のクロノス日本支部では同型のエンザイムが数体調整中の状態であったが、襲撃してきたガイバーⅢに全て処分された。

エンザイムⅡ

エンザイムの改良型(メイン画像)。
日本支部の崩壊で初期型のデータが失われため、ハミルカル・バルカスが新たに作り出した。
初期型と同様に白い毛皮で覆われているものの、頭部が昆虫寄りなデザインとなり、尻尾の代わりに背中から4本の触手が生えている。
また、酵素に関しても「外気に触れると効力を失う」という欠点が改善されたために溶解液としても使用できるようになった。
作中では晶の父親が最初の被験体としてエンザイムⅡに調整され、皮肉にも親子同士で戦わされる羽目になった。

エンザイムⅢ

第三世代のエンザイム。
エンザイムⅡと比べると一回り小さく、アーマーのような外殻も相まって更に昆虫寄りなデザインとなっている。
分解酵素に加え、飛行能力やアンチアプトム抗体も付加されているが、その代償として寿命が数年となり、人間としての自我が失われている等、純粋な生物兵器に成り果てている。
非戦闘時は延命装置であるカプセルに収容されて休止状態となっている。

関連タグ

強殖装甲ガイバー ゾアノイド
酵素 みんなのトラウマ 初見殺し

関連記事

親記事

ゾアノイド ぞあのいど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エンザイム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5

コメント