ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

タワーオブアイオン

たわーおぶあいおん

『タワー オブ アイオン』は、韓国のエヌ・シー・ソフトが開発・運営するMMORPG。日本ではエヌ・シー・ジャパンが運営している。
目次 [非表示]

略称はAION。キャッチコピーは完成型MMORPG


概要

天族と魔族という2つの種族が陣営間で争う図式で展開される戦争型オンラインゲームである。さまざまな職とスキル、アイテムを駆使してお互いの陣営を攻撃しプレイヤー同士で戦うことができる。また、羽がモチーフとなっておりキャラクターは空中を飛行することが出来るほか、鳥、獣などへの変身も可能である。

ワールド数は9つあり、2009年8月時点で1つのワールド内人数が4,000人を超えることも珍しくなかった。


2018年7月4日のワールド改編により、ティアマト・クロメデ・メノティオスの3つのワールドが統合されエレスギガルワールドになる。その際新たにウェーダワールドが追加される。(ワールドの追加のみ。事前キャラクター作成キャンペーンを挟みつつ、ウェーダワールドがオープンしたのは2018年7月25日。)

以降、エレスギガル・ウェーダの2つのワールドで運営されていたが

2021年5月12日のワールド改編で1つに統合され、アリエルワールドになっている。

2021年7月14日にクラシックサービス(バージョン1.2時をベースにし、一部は2.7時のシステムで調整)がサービス開始。クラシックサービスのワールド名はフレギオン。


ゲームシステム

プレイヤーはキャラクター作成の際にまず所属する勢力を選択することになる。

1つのワールド内では選択した種族のキャラクターのみ追加で作成できる仕組みであるため、同ワールド内に既に片方の種族のキャラクターがいる状態で敵対種族のキャラクターを作成しゲームをプレイすることは原則不可能。


天族と魔族との間でキャラクターの育成について大差はなく、ゲームバランスの面では双方平等に設定されており、当初はキャラクターのレベルが10・20・25・30の各レベルに成長した時点でプレイ出来る内容に大きな変化が訪れる仕様となっていた。

お互いのマップは自由に行き来することは出来ず、時折出現する「時空の亀裂」を通じてテレポート移動する他では、アビスやEpisode1.5で導入された「激戦地ドレドギオン」などでPvPを行うことが出来た。


2021年9月時点での最大レベルは85(9月8日の8.0アップデートによる)。

2018年7月25日の大型アップデート「Refly~転生~」やその後のアップデートにより各地域のクエストや導線が大幅に改変されているため、レベル上げ自体はスムーズに行うことができる。

PvPは時空の亀裂を利用して相手陣営のフィールドに向かうほか、両陣営のフィールドから繋がるエリアや闘技場、ワールド共通のフィールドで可能となっている。

以上のゲームシステムに関する記述はライブサービスでの内容。キャラクターの作成に関してはクラシックサービスも同様で、1つのワールド内では片方の種族のみ選択できるようになっている。


関連イラスト

【タワー オブ アイオン】公式イラスト【タワー オブ アイオン】公式イラスト【公式企画】タワーオブアイオンイラストコンテストタワーオブアイオンより


関連動画

紹介ムービー(サービス開始当初のもの)

Re:Act × Tower of Aion Vtuberコラボレーション オリジナルソング

(2019年5月22日から3か月間開催)

[nicovideo:sm8905049]


関連タグ

種族

天族 魔族

一般

MMORPG AION

その他

公式企画 愛アイオン バレンタイン


キュアウイング:クレリックから二次転職できるクラス。『ひろがるスカイ!プリキュア』と投稿作品が混ざってしまった。


外部リンク

タワー オブ アイオン

関連記事

親記事

MMORPG まっしぶりーまるちぷれいやーおんらいんろーるぷれいんぐげーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 297953

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました