ピクシブ百科事典

ダッツ・ディニゲル

だっつでぃにげる

『逆転裁判6』の登場人物

概要

逆転裁判6』第3話にて登場。46歳。

ドゥルク率いる革命派組織《反逆の龍》の幹部で、《ドゥルクの右腕》と呼ばれている。革命派狩りの鳥姫様に捕らえられていたが、第3話の祭司マルメル・アータム殺害事件の少し前にクライン国立第4刑務所から脱獄した。

元軍人で、外国の空挺部隊に所属していた経歴があり、大きなナイフの扱いを得意としている。革命派でも指折りの凶悪犯として恐れられており、その脱獄はクラインの民衆に大いに不安をもたらしている。高い賞金が懸けられているが、未だにその逃亡先は不明である。

関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧 逆転裁判6
ドゥルク・サードマディ 軍人















以下、第3話重大ネタバレ

















「ダーッハッハッハ!オレほどスケールのデカい男になると…胃袋もビッグスケールなのである!」

脱獄の際に頭をぶつけて一時的に記憶喪失となり、祭司殺害事件の目撃証人として、ナナシーノ・ゴンビェ(仮)という便宜上の名前で現れるが、証言中に記憶を取り戻し、正体を暴かれたため法廷から逃亡する。

ナナシーノと同じく、語尾に「である。」をつけて話し、事あるごとに独特の長い名乗りポーズをする。非常に大食漢であり、作中ではトカゲの黒焼きや丸のリンゴをいくつも頬張っている。

素手で警官数人を相手にするなど腕っぷしも強いが、凶暴で血も涙もない男という悪評とは異なって革命活動で武器を振るって人を殺めるようなことはしていない。また陽気かつ能天気な性格で、どこか抜けている面があり、他人をからかって大笑いする癖がある。しかし、芯には革命を成し遂げて、クライン王国を変えたいという熱い気持ちを心に秘めている。


第5話にも登場し、反逆の龍幹部として革命運動をリードしている。その一方で先述の性格もあり、事件の裏でおっちょこちょいなトラブルを起こして周囲を騒がせたりしている。しかし彼のまっすぐな行動が事件解明に貢献することもある。

王泥喜法介ナユタ・サードマディとは彼らが子供のころからの知り合いであり、それぞれホースケ、ナユタ坊と呼んでいる。

革命成功後は、エンディングアニメ内で法律事務所開設を準備する王泥喜を手伝うシーンが見られた。


ネタバレ関連イラスト

ダッツさん

ダッツミニ




ネタバレ関連タグ
王泥喜法介 ナユタ・サードマディ 成歩堂龍一

pixivに投稿された作品 pixivで「ダッツ・ディニゲル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25666

コメント