ピクシブ百科事典

マルメル・アータム

まるめるあーたむ

マルメル・アータムとは「逆転裁判6」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

逆転裁判6』第3話の被害者。享年42。
クライン教の高僧で、儀式や儀礼を執り行う祭司。
妻のサーラ・アータムと弟子のオガム・マイニーチェと共に生活している。
水清めの儀の最中に鳥姫に扮した人物によって殺害されたらしく、そのとき現場にいた綾里真宵が逮捕されることとなる。

関連タグ

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧
逆転裁判6
成歩堂龍一 綾里真宵 サーラ・アータム オガム・マイニーチェ 
























ネタバレ





この先ネタバレ注意!

















事件の真相は真宵による殺人ではなく、マルメルの自殺である。
実はアータム夫妻は革命派の人間であり、同居していたオガムはクライン王国政府から送り込まれた秘密警察の一員だった(オガム・マイニーチェという名前も偽名である)ことを知る。

革命派ではあるものの、弁護士に対してはクライン国民同様疑いの目を夫妻共々持っている。
事件の前日、サーラは聖域に隠されたアジトでオガムに命を狙われ、抵抗した際に彼を死なせてしまう。アジト内に仕掛けておいた盗聴器を通してそれを知ったマルメルは、裁判で行われる御霊の託宣を利用して成歩堂龍一が昔馴染みの弁護士であった事を真宵から聞いたことも兼ねて、真宵に罪を着せることを思いつき、オガムが自分より後に真宵に殺されたように見せかける偽装工作をした上で自殺することで真宵に全ての罪を着せて妻を守ろうとした。
彼の狙い通り、御霊の託宣では鳥姫に扮した真宵が自分を殺したように見える映像が水鏡に映し出され、一度は真宵に有罪判決が下されたが、その直後、オガムが遺体で発見され、裁判は連続殺人に切り替わり、中断。翌日殺害を巡る裁判で真宵に霊媒され、法廷で証言しなければならなくなったことで真相が明らかとなり、真宵の無実が証明された。

最後はレイファから勾玉を借りたサーラによって除霊され、満足そうな笑顔を浮かべて冥界へと帰っていった。

彼がこのような行動をとったのは、クライン王国の法律が深く関係している。
サーラのオガム殺害は本来なら正当防衛なのだが、弁護士不在のクライン王国の法廷ではそれを証明することが困難であり、サーラが殺人罪で有罪になるのは明白だったため、マルメルが妻を守るには第三者による連続殺人事件に見せかけるために自ら命を絶つしかなかったのである。
もしも、せめてオガムが死んだ時点で助けを求めていれば成歩堂は即座に了承し、サーラのために戦ってくれたことは明白であり、成歩堂もその点を言及していた。
マルメルもそう言われた際には自嘲と共に認めていたものの、前述のように弁護士を信じることが出来なかった彼にとって、事件発生の時点では面識がなかった成歩堂に助けを求めることはあまりにもリスクが大きく、ましてやサーラは身重であったため尚更成歩堂に頼るわけにはいかなかったのである。
確かに真宵に罪を着せようとしたことは事実であり、霊媒された際も偽証に偽証を重ねたのでそれらに関しては批判されるのも止む無しであるが、大元の原因がクライン王国の間違った法律であるのもまた事実で、更にマルメルは除霊される前に真宵と成歩堂に謝っている。
全てはクライン王国の歪んだ法が生んだ悲劇であった。

ちなみに真宵に霊媒された時のマルメルは本人の姿に真宵の衣装と髪型というシュールすぎる出で立ちをしており、上着を脱ぐわ変なポーズ(クラインではとても神聖な意味合いがある)をとるわとやりたい放題(一応体つきも変化するのでイレズミの入った細めの男性体型となっている)。
実は長髪に憧れており、真宵に霊媒されたことで生前では得られなかった綺麗なロングヘアーが自らの頭からはえているのを知った際に喜んでおり、ゲーム中ではカッコつけながら颯爽と髪を透かしてドヤ顔を決めるモーションも披露してくれる
挙句の果てにはショックで上着を脱いだまま霊魂だけ抜け出て真宵が元の体に戻るというけしから(ryゲフンゲフン・・・・とんでもない出来事まで起きた(残n・・・・幸いうつ伏せになっているので見えてはいけないところは見えてない。なお、霊魂は霊媒の影響なのか肉眼でも目視可能となっており、実際に成歩堂がその目で確かめている)。
サーラの手によって冥界へ戻る時は真に残念な・・・・もとい、いつの間にか上着を着ていた。
この冥界へ戻る一連のシーンは、マルメルのギャグに振り切った出で立ちのせいで涙腺が引き締まって泣けずに困ったプレイヤーが続出したものの、演出その物は本気でプレイヤーを泣かせに来ており、マルメルの出で立ちに惑わされずガチ泣きしたプレイヤーも多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「マルメル・アータム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2906

コメント