ピクシブ百科事典

旋風亭風子

せんぷうていぷーこ

3DS「逆転裁判6」の登場人物。 せーのぉー……バッルーーーーン!
目次[非表示]

概要

第4話「逆転寄席」に登場したキャラクター。34歳。
旋風亭の女芸人で、芸歴12年のバルーンアーティスト。通称「プー子」。
ピンクを基調としたピエロのような派手な衣装を着ている。ぶりっ子じみた口調で喋る。

落語家の一門にいるのにバルーンアーティストをやっているのは、亡くなった父が旋風亭の落語家だったためで、父のような落語家になることを夢見て旋風亭に入門した。
バルーンアートの腕前はお世辞にも上手いとは言えず、ケーキを作ったつもりが希月心音に「モンスターの生首かと思った」と称されるほど不気味な出来で、本人もセンスがないことを自覚している。
サスペンダーを引っ張って豊満な胸に叩き付けて揺らす「バッルーーーーン!」が持ちネタ。

匂いが強い香水を付けているため、ソバに香りが移る事を嫌う被告人の内舘すするとは仲が悪い。

関連タグ

逆転裁判6 バルーンアート
旋風亭獏風 旋風亭美風 内舘すする



















ここから先、ネタバレがあります!




















ネタバレ


旋風亭獏風を殺害した真犯人。
大好きだった父の芸名“旋風亭美風”を継ぐつもりで旋風亭一門に入門した風子だが、彼女には落語の才能がなかったため、師匠の獏風からバルーンアートをするよう命じられていた。
風子自身は落語家の娘としてのプライドからバルーンアートはしたくなかったとの事だが、それでも美風の名を継ぐために芸に励んでいた。
しかし、師匠は“旋風亭美風”の名を弟弟子に継がせたため、風子は師匠と弟弟子を激しく憎むようになる。

最初は復讐のために、襲名記念公演の日に美風に師匠殺害の罪を着せるつもりだったが、風子が用意した偽のダイイングメッセージを見た美風が自分が疑われない為にすするに容疑を擦り付けてしまった。
計画自体はあったが、犯行自体は勢い任せだった。

そして美風の多重人格の一つである磯田定吉の証言で香水を付けた人が殺害犯と判明し、更に夕神迅の手刀によるハプニングで隠していた額の傷が判明し、告発される。心音に追い詰められると、普段のぶりっ子じみた性格が豹変し、口調もドスのきいた関西弁に変わった。

自分がソバアレルギーだという事から、そば粉まみれの現場に入れないというアリバイを示したが、獏風が作っていたのはソバではなくうどんであり、それから被害者を殺した凶器の正体に気付いた心音に凶器を隠した方法を暴かれ(知らなかったとはいえ風子が凶器を処分する様子を見ていた夕神も、真相を知って彼女の行動に納得していた)、自身の犯行を認めて逮捕された。

裁判後、すするの証言によると、獏風が風子に美風の名前を継がせなかったのは父親の名前や落語に縛られずに、風子自身の芸の道を歩ませるためであったらしい。
獏風がうどんを作っていたのは、彼女の新たな門出を応援するためだった。
……その回りくどい優しさに気付いていれば、今回の事件は起こらなかったといえる。

とはいえ、「名跡」というものは襲名においては一門のトップの意向だけでなく、先代、あるいは先代遺族の意向も当然重要視されるものである。
現実問題として「三遊亭圓生」という名跡の襲名に関して、遺族間の不一致で旧圓生一門間の激しい対立を起こし結局誰も襲名できなかった事例や、「三遊亭小圓遊」という名跡が遺族の意向によって現在まで封印状態にあるという事例がある。
こういったことを考えると、今回の襲名に関してはいくら自分の弟子とはいえ、仮にも先代の遺族であるはずの風子の意向を軽視して行われており余りに稚拙極まりないと言わざるを得ない。
仮に殺人という事態にならなくとも、このような杜撰極まりない襲名は結局上述の圓生襲名騒動のような大きな問題を引き起こしていたと思われる。
せめて風子に何らかの形で筋を通しておけば、自らの思いを本人にきちんと説明していれば、こんな事態にはなっていなかったのである。




ちなみに彼女のブレイクモーションは、バルーンアーティストだという事と持ちネタの「バッルーーーーン!」から、勘がいいプレイヤーなら薄々オチに気付ける。
また、ピンク色の髪もカツラであり、素顔は長い黒髪を持つ素朴な印象の女性である。

関連記事

親記事

逆転裁判・逆転検事シリーズキャラクター一覧 ぎゃくてんしりーずきゃらくたーいちらん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「旋風亭風子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36881

コメント