ピクシブ百科事典

ツヨシ交通

つよしこうつう

同性愛者、腐女子・腐男子、下ネタ好き、エロの運転手しかいない歪みねえバス会社、ツヨシ交通。
目次[非表示]

株式会社ツヨシ交通(かぶしきがいしゃつよしこうつう)は 新日暮里駅周辺の路線の運行や、新日暮里中央交通の一部路線の受託運行、貸切バスの運行を行っているバス会社である。親会社の新中バスとは違い、女性運転手が半分以上いる。(男性運転手もいるが、ツヨシ交通の自社路線(例:新45 新74)は、すべて女性運転手が担当する。)
女性運転手がすべて、腐女子か下ネタ好きかエロ女(淫女)であることで有名。

概要

塗装は青を基調としている。
主に塗装別にこう記されている。
ノンステップ塗装(1997年~2010年)深緑に緑帯
ワンステップ塗装(1999年~)濃いスカイブルーに青帯
新ノンステップ塗装(2011年~)お客さんから見た目が違いすぎるとの批判があったため、深緑に青帯に変更
東急グループ塗装(2000年~)東急カラー

ツヨシ交通は「いすゞ・日野・三菱ふそう・UDトラックス(ツヨシ自動車)」の4社体制で投入を行っている。主に住宅街での運行のため、所属車両の72%をいすゞエルガミオが占めている。その他、新日暮里駅からゲイパレス行き総GAYバスや、ガチムチ天満宮行き、商店街経由の路線も担当している。
その他の大型車路線は新日暮里中央交通に委託している。事実上、ツヨシ交通は新日暮里中央交通の子会社であるが、東急グループにも加盟している。
2003年には富士重工のバス製造の操業が終了しており、同時にツヨシ自動車に移管され、絶版品の製造が行われいている。

歴史

1997年 初代ツヨシ交通設立
〃 新45系統での運行開始(同時に新日暮里中央交通の一部路線廃止)(廃止系統 新45系統
1999年 自社発注車を初めて導入 エルガミオ
〃 同時に中古車は新日暮里中央交通に売却
2000年 東急グループに加盟し東急の子会社になる。さらに東急バスからの中古車の受け入れを開始。
〃 社名を「東急バス新日暮里」と社名を変更
2001年 新たに商店街線での運行を開始
〃 新日暮里中央交通のエルガミオをリリースし、輸送力増強を図る。
2003年 中型車天国だったツヨシ交通に新日暮里市の補助金が適用され、初の大型ノンステップバスを導入(エルガ)(後に2006年と2009年にも導入)
2005年 淡路交通にて廃車になったエルガミオを大量購入(今後も継続)。
2006年 新日暮里中央交通ツヨシ交通を買収
〃 東急バス新日暮里が新日暮里中央交通の45%の子会社となる。
〃 輸送力不足を補うため新日暮里中央交通の車両の借り入れを開始
〃 社名を「ツヨシ交通」に再度変更。
〃 自社発注者としては初の日野車 日野レインボーを導入
〃 小杉営業所管内の路線での運行を開始(新日暮里中央交通から譲渡)
2009年 ゲイパレス直行便及び新74系統の運行を開始
〃 初の新日暮里中央交通との共同運行を開始
2011年 新日暮里中央交通の都市珍バスをツヨシ交通に売却
2012年 総資産1919億円を記念し、新日暮里営業所のある中央区から西区に移転。
〃 エルガミオの中古車を導入し輸送力増加をはかどる(第1弾として、臨港バスと小田急バスから購入)

新日暮里営業所担当路線

ガチムチ保護区線

新45 新日暮里駅東口→ゲイ視庁前→ガチムチ保護区中央
新45 ガチムチ保護区→ゲイ視庁前→新日暮里駅東口
新45 新日暮里駅東口→ガチムチ保護区中央→峠の頂上(平日の23時台に1本のみ運行)


1997年 ツヨシ交通開設とともに新設。入れ違いで、新日暮里中央交通の一部の路線が廃止されている。


この路線は、陰嚢公園前を抜けると、ガチムチ保護区の中に入り、「ガチムチ保護区前」をすぎると、奥の「ガチムチ保護区中央」まで行く。
終点でお客さんを降ろすと、近くの折返し上で折り返し、中央バス停とガチムチ保護区前の間にある「ガチムチ保護区」から新日暮里行きになり、来た道をそのまま戻る。東急バスの「渋24」みたいな路線だと思ってくれ。
森の妖精とお客さんのことを配慮し、本数は1時間に1本となっている。

峠の頂上行きは、1997年に廃止された元新日暮里中央交通の路線の道路を免許維持するための路線である。そのため、1日1本となっている。この路線は保護区中央を抜けると、そのまま峠を登り、頂上へ
行く。頂上まで上がったら、その先に続いている道路から山を下りて営業所へ回送入庫する。

天満宮線

新73 新日暮里駅東口~ツヨシ工業前(朝・夕のみ)
新74 新日暮里駅東口~ツヨシ工業前~ガチムチ天満宮(早朝・昼・夜のみ)


2009年   新74 新設
2011年7月 ツヨシ工業の社員と沿線住民の要望で、新73を新設・新74の減便


ガチムチ天満宮や、ツヨシ工業の社員の要望により、2009年8月10日に新設された路線。
ガチムチ天満宮の折返し場が狭いため、中型車を多く持つツヨシ交通が運行することになった。もちろんエルガミオが入る。
しかし、朝は天満宮まで行く人なんてほとんどいず、それより、ツヨシ工業に通勤するのにもっとでかい車両が欲しいと社員に言われたので、ツヨシ工業の敷地を折返し場に使わせてもらうという形で2011年7月、ツヨシ工業止の新73系統を新設・新74の減便をした。73系統にもちろん大型長尺車・短尺車が入る。
8~9時台と15~17時台は新73系統、それ以外は新74系統が運行している
しかし、年末年始や縁日、ツヨシ工業のロングバケーション期間は全便74系統で運行する。(即ち、73系統は運休。)

商店街線

か96 かずや駅~電気街北口(休日昼間のみ)
新97 新日暮里駅東口~電気街入口(休日昼間のみ)
新98 新日暮里駅東口~電気街入口~ヤマラ電機~かずや駅(休日昼間は運休)
新99 新日暮里駅東口~電気街入口~ノンケストップ前~GAYSONSTORE100前折返場(休日昼間は運休)


2001年 新日暮里電気街とコンビニ街ができたことで新設された。
2009年 電気街とコンビニ街が歩行者天国を始めたことで、新98系統の電気街区間をなくして2つに分けた新97(新日暮里側)とか96(かずや側)を新設。

電気街入口までは一緒だが、98系統はそのまま電気街を抜けてかずや駅まで。99系統はコンビニ街に入りGAYSONSTORE100前折返場まで向かう。
しかし、本数はどちらも少ない上、休日の昼間(11:00~14:00)は電気街とコンビニ街が歩行者天国になるため、新98・新99を運休し、か96・新97系統のみの運行になる。

新日暮里循環線

新201 新日暮里駅東口~新日暮里駅西口~新日暮里駅東口(左回り)
新202 新日暮里駅東口~新日暮里駅西口~新日暮里駅東口(右回り)

もとは新日暮里中央交通が1985年から運行してた路線であったが、新日暮里営業所がツヨシ交通に委託されると同時に循環バスはすべて路線売却を行った(それと同時に専用バスも売却・改番)。
新日暮里の発展通りや、テレビ新日暮里、大通公園、ガチムチ保護区などの新日暮里の主な場所を右回り、左周りという形で運行。ほぼ毎日混むので、大型長尺車が使用される。また特徴として4枚折戸が設置している。そしてツヨシ交通としては初の逆T字の4枚折戸車が導入されることになる。

直行バス

直行 新日暮里駅東口~ゲイパレス

新日暮里中央交通の新31系統じゃちょっと遅いとゲイパレスの住人に言われて2005年に開設。
新31系統とは違い、ゲイパレスの敷地の奥の奥まで入る。そのため、奥の方の棟に住んでいる住民には大人気。運賃は通常の190円だが、ゲイパレスの住人は家のカギをIC読み取り部にタッチすれば無料で乗れる。
都市珍バス
元は新日暮里中央交通が1983年から運行を始めた都市新バスだが、2006年に循環バスごと
ツヨシ交通に移管され、ツヨシ交通が運行を始めた。車両は東急からの中古車が多い。

フェアリーシャトル

珍01 珍宿駅東口~新日暮里駅東口

フェアリーライナー

珍02 珍宿駅東口~電気街~新日暮里駅西口
玉09 玉袋駅東口~新日暮里ドーム

フェアリーアローズ

掘13 勿谷駅 - 掘海埠頭(旧・金71、運行開始当初は珍宿駅西口 - 掘海埠頭)
新04 新日暮里中央駅丸の内南口 - 豊海水産埠頭(旧・珍16)
掘14 東京駅丸ノ内南口 - 掘海埠頭

フェアリーエコー

紗56 紗部谷駅 - 赤羽橋駅 - 珍橋駅

フェアリースター

禁18 禁止町駅 - 肛門前仲町

フェアリーリバー

禁19 日暮里駅-新日暮里中央駅-禁止町駅

廃止路線

539 新日暮里駅~真良身代心酔公園

1969年 新日暮里市営バスとの共管という形で開設。当時は新日暮里中央交通が担当していた。
1997年 ツヨシ交通に移管される。
2008年 新日暮里・フグリライナーの開業とともに廃止。

この路線は、新日暮里市営バスとの共管路線で、ツヨシ交通は深夜バスのみ担当していた。
新日暮里・フグリライナーの開業と同時に新日暮里市営のと一緒に廃止された。これによって、ツヨシ交通・新日暮里中央交通から系統番号が数字だけの路線がすべて消えた。
新日暮里市営バスに関しては、2011年3月にできた新路線にこの系統番号を再利用している。

関連項目

新日暮里中央交通
レスリングシリーズ
新日暮里

pixivに投稿された作品 pixivで「ツヨシ交通」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2514

コメント