ピクシブ百科事典

テンパるンバ

てんぱるんば

テンパるんバとは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

概要

CV:佐藤健輔

常に焦っている妖怪。テンパりすぎて、マラカスを持ち出しルンバを踊りだした。

アニメ

第142話にて初登場。読書感想文のスピーチをするカンチが発表しようとした途端テンパって騒ぎ始めた。
算数のテストの時間では、今度はクマが出来ないとテンパった。

二人の様子がおかしいのは妖怪の仕業と踏んだケータは妖怪ウォッチで検索し姿を現すが、解説する筈のウィスパーが髪に絡まり取り憑かれた為にケータが妖怪パッドの解説文を読んだ。

騒いでいたのは今度開催される大会のパートナーを探す為だったらしく、見つからなかった事に起因していた。マラカスを無くしても騒がしくするらしいが、生まれてこの方そんな事は無かった様だが、離れた途端に髪が増毛しだした。
やむ無くケータ達も探そうとコンブさんやはらお鳥に声をかけたが、彼らも参加する予定で断られた。


仕方なしに花子さんを呼び出し、セルフプロデユースを求めようとしたものの、テンぱルンばは多忙でもテンパらない彼女に惚れ込みパートナーを打診してきた。彼女自身も多忙の身でも一息着くことも必要と承諾した。

大会当日、不意にマラカスを落としてしまい、近くにいたのが不運にもあのアンドロイド山田であった。彼のスローテンポでマラカスに体重が掛かり壊してしまう。そのショックでテンぱルンばの髪が増殖し、会場だけでなく、パッドで見ていたケータ達にも襲い掛かり大混乱に陥り強制終了になった。

関連タグ

妖怪ウォッチ ブキミー族 マラカス ルンバ

pixivに投稿された作品 pixivで「テンパるンバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15072

コメント