ピクシブ百科事典

認MEN

みとめん

認MENとは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

「そうじゃナイよ~!」

概要

CV:烏丸祐一布施川一寛古島清孝

外国人風の三人組妖怪。都合が悪いことが起きても「~じゃナイよ!」と口裏を合わせて事実を認めようとしない。(妖怪大辞典より)

あらゆることを認めないエセフランス人風の三人トリオ。とりつかれると○○じゃナイよ~が口癖になって事実を認めなくなる。
名前の由来は「認めん」+「MEN(男性の意味)」だと思われる。
その風貌からもアペリカンに通じるものがあったが、後に彼と同様に偽メリケン妖怪である事実が判明した。

アニメ

初登場は7話。
放送当時はだれも見たことがない妖怪だったが、のちに、妖怪ウォッチ2に登場するキャラであることが判明。つまり「2」の宣伝である。(これがハナホ人などに使われることの先駆けになった)

以下、3人の特徴と仮名。

リーダー何もつけてない。「そうじゃナイよ!」と言う。
メガネ「○○じゃナイよ~」と○○の中で具体的な内容を話す。
鼻毛手鏡を持っており、基本的に「鼻毛出てナーイよ」としか言わない。

5年2組のテスト中、最初にケータのジャマをし、ほかの生徒にもジャマを仕掛けた。
ケータがジバニャンを呼ぼうとしたら、妖怪メダルを逆向きにセットしてしまい、認MENはそれを指摘する。
指摘してくれた彼らに対し、ケータが「ありがとう」と言うと、途端に彼らの様子が一変。
褒められた事で3人とももじもじしてしまい、戦意喪失する。
リーダー「そうじゃナイよ…」
メガネ 「こんな時、どういう顔をすればいいのかわからナイよ…
鼻毛  「鼻毛出てるの、知ってタよ…」

その後、リーダーがケータの妖怪ウォッチに入る。メガネによると居場所を見つけたんだとか。
彼が入ってからは、メダルを逆向きにセットすると「そうじゃナイよ!」と指摘する機能を追加させ、残ったメガネと鼻毛はケータに別れを告げた。
この指摘する機能は、後に商品化したDX妖怪ウォッチシリーズに搭載される事になる。
ちなみにこの言葉はゲーム版の『無印』にてお寺にあるの合成の条件で会わない組み合わせをすると、
「そうじゃナイよ!」という音声が流れる。

15話「妖怪ナガバナ」
ナガバナに取り憑かれた為に喋りまくるケータ。ウィスパーやジバニャンが代わりにメダルをセットしようとするが、指摘機能がアダとなって召喚できなかった。(単に逆さまにセットしたからかもしれない)

40話「妖怪ベストテン」
3人そろって登場。鼻毛が第6位に選ばれる。
鼻毛出てナイよ~」はたぶん喜びの一言と思われる。

短編シリーズ3年Y組ニャンパチ先生
オープニングでジバニャンとすれ違う場面がある事から、このパロディシリーズでも登場すると思われていたが、結局登場しなかった。不憫・・・。
しかし2期にて登場した。ドキドキ学園の生徒で老いらんにんぎょフゥミンネタバレリーナのドッキリに付け加えをする役である。

関連タグ

妖怪ウォッチ ブキミー族 

アルファベットが使われている妖怪

TETSUYA  KANTETSU  U.S.O.

偽メリケン妖怪の仲間

アペリカン

pixivに投稿された作品 pixivで「認MEN」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14414

コメント