ピクシブ百科事典

トゥスクル

とぅすくる

トゥスクルとは、アイヌの言葉の一つで巫術行為のできる人・シャーマンのことを指す言葉。
目次[非表示]

トゥスクルとは

  1. PS2・PS3・Wii用ゲーム「大神」の登場人物
  2. PCおよびPS2用ゲーム、またアニメ「うたわれるもの」の登場人物
を指す言葉

1の概要

トゥスクル


大神の中に登場するウエペケレに住むオイナ族の女性祈祷師。
他のオイナ族同様に仮面をつけており、仮面の上に梟を二羽載せているのが特徴。
イリワク神殿の入り口、アフンパラ大門の前に住んでおり、物語に大きくは関わってはいないが箱舟ヤマトの伝説をアマテラスに話してくれる。

関連タグ

大神 オイナ族

2の概要

CV:京田尚子

エルルゥアルルゥ祖母で、ヤマユラ村の村長である。
各地でも知られる高名な薬師で、村人から絶大な信頼を寄せられる人格者であった。倒れていたハクオロを治療した人物でもある。

祖母として優しく孫たちに接するが、怒ると怖いところがある。オボロからも実の親のように慕われている。
幼い頃のヌワンギを育てていたこともあり、現在のヌワンギに対しては、変わっていく姿を見るのは忍びないとしてエルルゥを心配しつつも、少しは骨のある男だと思っていたと落胆の色を見せていた。

ヤマユラ村が戦乱に巻き込まれた際、ヌワンギの部下の凶刃からアルルゥを庇って重症を負った。その際エルルゥやアルルゥ、村の者の運命をハクオロに全て委ね、安心し息を引き取った。これが村人の怒りを爆発させる原因となり、この大きな戦いの火付けとなった。

実は、ハクオロウィツァルネミテアであることを最初から知っていた。過去の「白い神」と「黒い神」の戦いの時にトゥスクルは白い神側について戦っており、後に生まれた自分の息子にその名前をつけたのであった。
そのため、エルルゥが正体不明の仮面の男を保護して家に連れて来た際に、男が「白い神のハクオロ」である事に気づき、記憶を失った仮面の男に本来の名前である「ハクオロ」与えたとされている。
若い頃はアルルゥそっくりだったらしい。またバリバリの武闘派で、本編でハクオロが使っていた鉄扇は元々トゥスクルの武器であり、毒を仕込む仕掛けが施されている。これで多くの敵兵を抹殺してきたとのこと。

関連イラスト

うたわれるものたち
トゥスクルさん



関連タグ

うたわれるもの ハクオロ エルルゥ アルルゥ 祖母 薬師 村長

pixivに投稿された作品 pixivで「トゥスクル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15572

コメント