ピクシブ百科事典

トワノクオン

とわのくおん

トワノクオンとは、2011BONESに作られた初オリジナル作品である。
目次[非表示]

概要

本作品はアニメ監督・飯田馬之介とアニメ制作会社・ボンズによるオリジナル企画である。2011年6月より、6か月をかけて全6章の形式で上映される映画となっている1]。
元々本作は、キャラクターデザインの川元利浩が、「飯田と共にオリジナル作品の創作をしたい」という思いから来たものであり、その後企画はスタートした。ボンズの南雅彦によれば、公開の4年前から製作会議を行ってアイデアを出し合い、その頃から本作品の「オリジナルのヒーローアクションもの」という構想が飯田の中で生まれたという2]。飯田は公開前年の2010年病気のため急逝してしまったが、その後もりたけしが「協力監督」という役職で作品を引き継ぎ、製作が続行された3]4]。
全6章観賞記念として、劇場指定席券の半券6枚(前売券の半券や同じ章の半券を複数枚は不可)と引換で、非売品スペシャルドラマCDをプレゼント。また世界観を解説した『トワノクオン シークレットファイル』を第1章入場時に配布、公式サイトでもpdf形式ファイルで配信されている。

あらすじ


近未来の東京に、能力に目覚める少年・少女が現われた。その能力を目覚めた者を狩るのは秘密組職クーストース。その人を守るために、クオンっていう少年が現われた…

登場人物(☆付きは重要人物)



アトラクター




クオン
テイ
ユーマ
タカオ
ミウ
ユリ
リョウ
神無月
若月

クーストース


オールドーの実行部隊。ラテン語で番犬を意味する。世界中に支部がある。日本支部は上代がトップを務め、その傘下にサイボーグ部隊(WTOC)を擁する。

上代(名前不明)

WTOC (読み:うとっく)


トワノクオン



クーストース日本支部の傘下にある部隊で、対ベスティア作戦の切り札。隊員は、脳と神経以外を全て機械化されている。改造手術を受けた5人の隊員で構成されている。WTOCとはWeaponed Terminator of Custosの頭文字から。WTOC隊員は脳と神経以外の全身体をサイボーグ化されており感情や肉体までも機械制御された、言わば生体兵器のような存在(ある程度の人間的思考・感情は残されている)。

アルファ(海藤)
ベータ(ハリー)
ガンマ(レイ)
デルタ(飛鳥ひずる)
イプシロン風見瞬)


関連イラスト


トワノクオン
トワノクオン




関連タグ

風見瞬 クオン キリ カップラーメン

この記事のカテゴリ

作品名

pixivに投稿された作品 pixivで「トワノクオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140944

コメント