ピクシブ百科事典

ナスビ=ホイコーロ

なすびほいこーろ

ナスビ=ホイコーロとは、漫画『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、カキン帝国の国王。
目次[非表示]

ナスビ=ホイコーロとは、漫画『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、カキン帝国の国王。

この項目は、コミックス最新刊以降の内容を含みます。

概要

カキン帝国国王。8人の正妻と14人の正室子がいる。
突如、全世界へ向けて暗黒大陸への進出を宣言した。
暗黒大陸探検隊の総責任者としてビヨンド=ネテロを擁立する。

ダジャレのような名前や、語尾に「ホイ」とつけるというギャグキャラじみた特徴とは裏腹に、非常にしたたかで抜け目のない人物。
この手の「危険人物を利用して抜け駆けしようとする権力者」は大抵、その危険人物に利用されているだけの間抜けであることが多いのだが、今のところナスビにそのような様子は見えない。また、一筋縄ではいかない息子・娘たちをも上回るような底知れなさを秘めているような描写がなされている。
また、念能力に関する危険性を周知していながら、不特定多数の一般人だけでなくハンターまで巻き込んだ選別を、何食わぬ顔で行うなど、並々ならぬ精神の持ち主。

14人の子がいるというだけでも驚きだが、これは婚外子を含まないらしい。
暗黒大陸編がしばらく進んでから判明したが、マフィア「エイ=イ一家」の組長モレナ=プルードもその1人(愛人の娘)である。
さらに言うと残る二つの組の組長はナスビの腹違いの兄弟。
一つの国を裏と表から牛耳る恐るべき一族であると言えよう(仲が良いかどうかは別として)。

関連イラスト

関連タグ

カキン帝国 ビヨンド=ネテロ

コメント