ピクシブ百科事典

ハルポクラテス

はるぽくらてす

ハルポクラテス、ハルポクラテース(Harpocrates)とはエジプト神話の神ホルスの相の一つである。

概要

古代エジプト語では「ヘル=パ=ケレド」といい「子供のホルス」という意味。
「ハルポクラテス」はそのギリシャ語での呼び方である。

太陽神ホルスの少年の姿の相として、日の出や太陽が持つ生き物を育んだり成長させる側面を象徴する。
プルタルコスによるとホルスとは別神で彼の弟とする説がある。彼の記述によると生まれながらに片足が不自由であり、子供達と母親たちの守り神とされる。
毒蛇に嚙まれたときにラーに助けてもらい危機を脱した事から希望を司る神でもあるという。

エジプトの「子供」を意味するヒエログリフに由来する指を口にあてるポーズで表現されていたが、これがヘレニズム時代にギリシャ・ローマ文化圏の人間から「沈黙」を意味するものと誤解され、ハルポクラテスは「沈黙の神」として認識された。

美術上では裸の男の子の姿で造形され、そこにクピードーキューピッド)っぽさを感じた人がいたのか、両者を融合させた像も作成されている。

遥か後代においてオカルティストたちからその思想体系に取り入れられた。アレイスター・クロウリーは著書の中で彼をとりあげ「聖守護天使」であるとも語った。

関連タグ

ハロエリス(大いなるホルス、老年のホルス)

pixivに投稿された作品 pixivで「ハルポクラテス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37

コメント