ピクシブ百科事典

帽子の一種。ハンチング・ベレー、鳥打帽とも。
ハンチング帽も参照。

ベレー帽に鍔を追加したような形状。素材は様々だが布製が多い。
19世紀のイギリスでは紳士の間に鳥猟が流行し、動き回ってもずれ難い、頭にフィットするハンチングが生まれた。
ハンチングは庶民の間に日常の帽子として広まり、労働者の象徴となった。

日本では明治時代に、ハットよりくだけた印象を与える帽子として商人の間に広まり、戦前までは丁稚に至るまで一人前の商人の象徴として外出時に被っていた。

関連タグ

帽子 ベレー帽 キャスケット

関連記事

親記事

帽子 ぼうし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ハンチング」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57239

コメント