ピクシブ百科事典

バスター・テツオ

ばすたーてつお

バスター・テツオはサイバーパンクニンジャ活劇小説『ニンジャスレイヤー』の登場人物。戦闘集団イッキ・ウチコワシの謎のリーダー。
目次[非表示]

◆忍◆ ニンジャ名鑑#37 【バスター・テツオ】 ◆殺◆
反企業傭兵部隊イッキ・ウチコワシの謎めいたリーダー。
各地のプロレタリアートによるレジスタンス運動を支援し、訓練された傭兵を派遣する。
庶民の間で半ば神格化された伝説の英雄であるが、
彼の正体を知るのはごく僅かな側近のみである。
(ネオサイタマ電脳IRC空間「ニンジャ名鑑」より抜粋)

「決して屈する事は無い。私は決して死なぬ。諸君の声が革命細胞を構成し、私は決断的に何度でも立ち上がる!何度でもだ!」

CV.小西克幸フロムアニメイシヨン

人物

反企業活動を支援する共産主義革命集団イッキ・ウチコワシの謎のリーダー。
共産系極左団体らしく、退廃的資本主義の解体と暗黒メガコーポの打倒、そして市民による富の再分配を高らかに掲げている。

本拠地はネオサイタマだが各地に多数の構成員を派遣しており、暗黒メガコーポが幅を利かせている情勢を逆に利用して利害が一致した様々な組織や集団にコネクションを持つ。
その内容も市民団体だけでなく反オムラ企業連合や、暗黒経済組織アマクダリ・セクトなどとも手を組みイッキ・ウチコワシの戦力の増強に利用している。

神出鬼没で、その正体を知るものはほんの一握りであり、ニンジャを擁する大企業や組織ですら掴めておらず、ニンジャか非ニンジャかどうか、また単一人物かどうかすら現時点では不明である。
弁舌に優れ、底知れぬカリスマ性と効果的アジテーションで多くの支持者を集めている。ただし、熱狂的な信奉者たちに比べると、本人はそうした極左イデオロギーをどこか冷静に見ているふしもあり、目的は一切不明。

容姿

赤いレンズのスコープゴーグルを装着し、さらに鼻から下は真紅のスカーフを巻いており、その素顔を窺い知ることはできない。
さらにその背中には一方の旗には「一揆」、もう一方には「打毀」と力強くショドーされた二本のノボリを背負っている。

明言はされていないが、服装まで赤を基調としており、配下にはハンマーとクワの意匠のメンポ着けてるニンジャもいることや、赤軍派などのセクトを思わせるアジ用語から、新左翼学生運動や共産系テロ組織のカリカチュアであることはほぼ確定と思われる。

関連タグ

ニンジャスレイヤー ドラゴン・ユカノ

pixivに投稿された作品 pixivで「バスター・テツオ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1059

コメント