ピクシブ百科事典

バーバリアン・ヒュドラ

ばーばりあんひゅどら

バーバリアン・ヒュドラはメディアミックス作品『ガイストクラッシャー』に登場するガイストの一体。
目次[非表示]

概要

 自然属性:氷 武器属性:サイズ 種別:多頭蛇 ガイメタル形状:円形

 オリンポリスに生息する大型ガイスト。全てのものを破壊する凶悪な性格と凄まじい再生能力を持つ事から、『世界を終わらせるガイスト』とも呼ばれる。当初はオロチと同様に首は一本しかなかったが、切られた箇所から次々分裂し、最終的に八本まで増えている(表面上は四本のみ)。ヘキサゴン状の胴体自体は飛行能力を備えており、常に浮遊していると云われる。

メイルフォーム

 重量級の武装型形態。腕や肩、足にも蛇の意匠が付いている。巨大な翼も特徴。

ウェポンフォーム

 巨大な蛇の頭部をひとつの武器としている。角や牙、翼が刃である。ガイストアーツは氷属性の鎖を放って絡めとり、一気に切り裂くセルシウムデスブランド。

コミカライズ

 登場しない代わりに亜種であるアルファ・ヒュドラが暗黒島に現れている。

TVシリーズ

 セイバー・ペガサスマグマ・サラマンダスハードコア・フラウザープリズン・ケルベロスと共にサイファがイレイザーが残していた温存戦力を超活性化させレッカ達を襲撃。カオスの影響で10000000GVと『ルイン主』並に跳ね上がっていたが、正精神ゴッド・ヒノカグツチを纏っていたレッカには通用せず、烈火スペシャルと超爆烈火爆裂弾を喰らいクラッシュされる。

ゲーム本編

 暗黒島のルイン内部で対決。回転しながらG波光弾を放つ。首を使い地面を掘り起こすなど技は多彩だが、スキが多い。フリーミッションでもルイン内部の地下で戦う。

関連ガイスト

アルファ・ヒュドラ

関連記事

ガイストクラッシャー

コメント